TOP > その他のニュース > 「今後のあり方、発展について総理と意見交換させていただいた」日本学術会議の梶田会長 【ABEMA TIMES】

「今後のあり方、発展について総理と意見交換させていただいた」日本学術会議の梶田会長 【ABEMA TIMES】

7コメント 2020-10-16 16:53  AbemaTIMES

総理官邸で菅総理との会談を終えた日本学術会議の梶田隆章会長は記者団に対し、「今後の学術会議のあり方、発展について色々と意見交換させていただいた」と述べた。 6人の新会員の任命見送りの理由や経緯について...

ツイッターのコメント(7)

拒否の理由には触りたくない感じなのかなぁ
もしここで任命忌避の詳細を聞いた事で学術会議側が折れたとするなら、これ以上の類焼を防ぐ為の”判断”で、未だ糾さなければ成らない澱みが有ると云う事じゃ無いのかな?下手な政治決着では無く徹底的にやって頂きたいがな。
・6人の新会員の任命見送りの理由や経緯について「今日はその点について、特にご回答を求める趣旨ではない」と日本学術会議の梶田会長
そこを突っ込んだらどのような展開が待っているか。
梶田会長は御存知なのかもしれませんね…。
アホ丸出し。「未来志向」だそう。拒否された6人の先生がかわいそう。学術会議がこれ程注目されている現状を現学長が理解できていないかも
本当に生真面目な人なんろうだなぁ
ちょっと話逸れてもいいだろに。
???
何しにいったの
学術会議は6人を任命拒否した理由の説明と速やかな任命を求める要望書を出している
経緯も含めた首相の回答が焦点となるのではなかったのか?
何これ?
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR