TOP > その他のニュース > 14日間で6局 過密日程の中で“朝練”までする超ストイック棋士・永瀬拓矢王座「休みたいことはない」「将棋は嫌いにならなかった」 【ABEMA TIMES】

14日間で6局 過密日程の中で“朝練”までする超ストイック棋士・永瀬拓矢王座「休みたいことはない」「将棋は嫌いにならなかった」 【ABEMA TIMES】

5コメント 2020-10-15 07:59  AbemaTIMES

14日間で6局 過密日程の中で“朝練”までする超ストイック棋士・永瀬拓矢王座「休みたいことはない」「将棋は嫌いにならなかった」。ABEMA TIMES[アベマタイムズ]は「見たい!」がみつかる情報ニュ...

ツイッターのコメント(5)

まんまスポ根マンガの主人公みたいなキャラクターだよね。どなたかマンガ化しませんか😆
年々おかしい人にぐっと来るのだが、この人にも凄くぐっと来る。
朝八時から将棋の朝練、、素敵、、
天職なんでしょうね✨✨
とても素敵な文章でした🥰
将棋に対する姿勢がストイックで知られる棋士。周囲からは過密日程における体調を心配されたりする。本人は親交の深い藤井聡太二冠(18)からの「寝なさいという教えがあった(笑)」ため、睡眠時間を増やしたようだが、それも他者から比べれば確実に少ない。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR