TOP > その他のニュース > 「昼ご飯がおいしくなかったことは一度もない!」“超”振り飛車党の棋士が熱弁する斜め上なメリット 【ABEMA TIMES】

「昼ご飯がおいしくなかったことは一度もない!」“超”振り飛車党の棋士が熱弁する斜め上なメリット 【ABEMA TIMES】

4コメント 2020-09-26 18:27  AbemaTIMES

アマチュアには人気も、プロでは少数派なのが将棋の「振り飛車」という戦法。攻めの要となる大駒・飛車は、自分から見て2筋に初期配置されているが、これを中央の5筋やそれ以上左に移動させることを振り飛車と呼び...

ツイッターのコメント(4)

鈴木大介九段が「四間飛車は誰でもすぐマスター出来ます」とか力説していたのを思い出した🙂
山本四段は折田アマ(当時)の棋士編入試験対局でうな重の松を頼んで話題になったが、憧れの藤井猛九段との対局時もうな重(松)。豪華な昼ご飯を美味しく頂いてパワーアップだ!
「3筋に飛車を振って、美濃囲いにしたらお昼ですから」
😂
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR