TOP > その他のニュース > 電子戦専門部隊、次期戦闘機のエンジン開発など、防衛予算の概算要求が過去最大規模の5.4兆円 【ABEMA TIMES】

電子戦専門部隊、次期戦闘機のエンジン開発など、防衛予算の概算要求が過去最大規模の5.4兆円 【ABEMA TIMES】

3コメント 2020-09-23 01:02  AbemaTIMES

防衛省は来年度予算の概算要求に関して、5兆4000億円あまりを 計上することが新たに分かった。9年連続の増加で、規模は過去最大となる見通し。 ・【映像】防衛省 電子戦部隊増強へ 概算要求では電磁波で敵...

ツイッターのコメント(3)

電子戦専門部隊、次期戦闘機のエンジン開発など防衛予算の概算要求が過去最大規模の5.4兆円。またイージス・アショアの代替案としてミサイル防衛に特化した護衛艦を建造する案や海上に施設を設置する案を軸に検討している為、金額を示さず予算をつける事項要求としています。
@SatoMasahisa 防衛庁時代なら天下りも省益も微々たるモノだったけど、省になってから利権が半端ないものね。結果なんて有ってないようなモノだし、毎年のように更新、受注が発生するし。災害派遣等では現場が疲弊するだけでトップは新たな利権や天下り先を探すだけ。
電子戦専門部隊、次期戦闘機のエンジン開発など、防衛予算の概算要求が過去最大規模の5.4兆円

こんな三流省庁に金突っ込むのは無駄無駄。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR