3月の給与増加、パート割合減で 13カ月ぶり、新型コロナ影響 | 共同通信

10コメント 2021-05-07 10:20 共同通信

厚生労働省が7日発表した3月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の企業)によると、基本給や残業代...

ツイッターのコメント(10)

> 13カ月ぶりの増加だが、新型コロナウイルスの影響でパート労働者が解雇されたり採用されにくくなるなどし、パートの割合が減少したことが影響

数字だけ見てるとこういう事に気付けない。
多分、今の政府は数字しか見てない。
パートタイムがすごい減ってる…。平均給与増とだけ見ると誤解を生みますね。
給与は決して増加してない。パートの方が働けなくなった結果母体が変化したのだ!
全体の給与平均は増加。しかし正社員とパートを分けた場合、両方とも給与平均は減少。コロナの影響でパートの失職が多く、分母から除かれたため。
シンプソンのパラドックスの良い例題。
統計上は給与額増えてますが、実態は社員・パート共に減ってます
増えた理由は給与のパートタイム労働者が大きく減ったから、全体の平均給与額が上がったにすぎない
数字のマジック

実際は中央値でみないとリアルな状況は把握できないかと思います
正社員もパートタイム労働者も平均賃金は減ってるんですけどw
平均賃金の低いパートタイム労働者数がコロナの影響で大きく減ったことで全体の平均賃金が上がってしまっただけ
やり直しw
実質給料は減ってますね💦
やはりコロナの営業は甚大です、、
さてこれを残された人たちを優秀と見るのか、単に他の人の犠牲の為に起きたのか?

後者でしょ🤣
以上
 

 
PR