抗うつ薬にコロナ感染抑制効果 九大、治療への適用拡大に期待 | 共同通信

13コメント 2021-03-17 17:58 共同通信

ツイッターのコメント(13)

今度は抗うつ剤か、、、これまでの候補薬も含めて、目の前で求められていることでどうしても副作用が軽視されそうで気になってしまう。

まあ、使い古した薬ってのは、大きな副作用への懸念は小さいというのはあるのだろうが。
ワクチン競争ではイギリスや他国より後発かもだけど、その分確実なものを作って欲しいよな。
私は、半年やそこらでできた薬は叩き台なんじゃないかと、どうしても思ってしまうんだ。

こんなニュース毎日出るよね。
まだ動物実験さえしていないのに多額の公的資金獲得を目的にマスコミを集めて一方的に自説を開陳。

早く英語論文書いて査読を受けてください。

こんな人ばかりよね、日本の研究者って
クロミプラミン、商品名アナフラニールかぁ。

フルボキサミン(商品名ルボックス、デプロメール)もコロナへの効果検証中だし、抗うつ薬ってコロナにも何らかの作用があるのかな。

統計取ったら、うつ病治療中の人はコロナに罹り辛かったりして?
一般流通名アナフラニールのお話ね。あと、たぶんこのLet's noteRZシリーズ…
抗うつ薬「クロミプラミン」に、新型コロナウイルスが細胞内に侵入するのを防ぐ効果があることを突き止めたと発表した

 九大、治療への適用拡大に期待(共同通信)
抗うつ薬「クロミプラミン」に、新型コロナウイルスが細胞内に侵入するのを防ぐ効果があることを突き止めたと発表した。
レクサプロのワイ負け組(´・・`)
◆共同 3月17日

…17日、抗うつ薬「クロミプラミン」に、新型コロナウイルスが細胞内に侵入するのを防ぐ効果があることを突き止めたと発表した。
以上
 
PR
PR