TOP > 社会 > バッハ会長を「ばっ墓」と投稿 京大名誉教授、ツイート削除 | 共同通信

バッハ会長を「ばっ墓」と投稿 京大名誉教授、ツイート削除 | 共同通信

97コメント 2021-03-02 12:29  共同通信

高松市美術館の館長を務める篠原資明京都大名誉教授が自身のツイッターに、国際オリンピック委員会のバッハ...

ツイッターのコメント(97)

えっ!?
兇怒飢痛呻で死叙刃喇名誉教授が?
削除?
アートで問題はないのに?
全然面白くないぞ!篠原!そんなだから現代アートはくそと言われるw。実際くそ。
京大の名誉教授ってか!落ちたねぇ、ボキャブラリーセンスも言葉としての学問的センスも、国立大学の名誉教授の器じゃ無いでしょ。京大生は危機感持った方がいいぞ。
『篠原氏は「アートの表現で、批判する意味はない」』ならば削除などせず堂々と世間に問うべき。批判を受けたくらいで引っ込めるようではアーティストとしての覚悟が浅いのではないか。
「ばっ 墓萎凋」(ばっはかいちょう)、東京五輪の開会式を「かいかい 死期」篠原氏は「アートの表現で、批判する意味はない」呆れますね┐('д')┌
言葉狩りじゃねーだろwww
さすが京大www
この表現は〝アート〟らしい。
なら削除すな。バッカじゃなかろか
五輪反対派の浅はかな表現は…愛知トリエンナーレ同様に、文化レベルが低い。
呆れる。
誤変換したとかじゃなくてただのヘイトスピーチだった。
「アートの表現で、批判する意味はない」了解!
「バッハ会長を「ばっ  死期」」
「聖火ランナーを「世禍乱 なぁ」、五輪に関わる人を「すぽ お通夜」(スポーツ屋)」
いい教授じゃん。これぞ京大クオリティ
オヤジギャグが炎上して共同通信で報じられるような世界? みてるかも: -
問題化したのかな?と思って記事を読んだが、そういうわけでもないらしく、なんで記事にしたのか謎。
バッハ会長を「ばっ 墓萎凋」(ばっはかいちょう)


 聖火ランナーを「世禍乱 なぁ」、五輪に関わる人を「すぽ お通夜」(スポーツ屋)とも投稿。

往年の2ちゃんねるみたい。
センスはないよな。しかし今の世情だと消したくなるのは分かる。
これがアート⁇

アートって便利な言葉だな。
ウンベルト・エーコ『開かれた作品』とかの翻訳してる人だ。
しょーもねえ。センスがもう。
感性が古くて情けなくなる
左派には汚言症みたいなオッサンとおじいちゃんが多すぎる /
ただの誤変換を記事にまでして言葉狩りしている共同通信。よくこんな記事書けるなー。それを載せてしまう編集も低レベル。
まず何よりも、面白くない。
センスがない。
やめとけ。
小学生か!ちょっと覚えた漢字の幅が広がった小学4年生か!!
言論の自由とかアートだとか言い訳する人を何人も見たけど、全然アートじゃないよね。アートだと言うなら削除しなきゃいいのに。配慮が足りなすぎる。


“聖火ランナーを「世禍乱  お通夜」(スポーツ屋)とも投稿。篠原氏は、自身が提唱した「超絶短詩」という一つの語句を別の語句と間投詞に分解する表現方法だと主張し「言葉狩りされる気がしたので削除した」と説明した。”
つまらんことをするなぁ。
アートと言って誤魔化すあたりがせこい。
社会経験積んできているような感じなのになぁ。
ひねりがあらへんし笑いもとれてへんがな。そんなこっちゃ関西お笑い教授への道は遠いで。
アートなんて高尚なもんじゃなく
単なる「ダジャレ」プラス「悪意」じゃん
大学入って覚えた遊びが折田先生像と百万遍のコタツだから、京大は。ジョークやアートのセンスを磨く機会がなかった。
ネガティブな言い換え遊びをしておきながら、それはちょっと稚拙な言い訳だなw
親父ギャグはアートなのだそうだ。もし周囲で言っている人がいたらアーティストと思ってあげてほしい。
良い大人が屁理屈を捏ね、しかも被害者面。

「アートの表現で、批判する意味はない」

阿呆かと。全ての芸術家に土下座案件。あいちトリエンナーレと同じ構図。
不謹慎ツイートもできないこんな世の中じゃ
…言葉狩りされる気がしたので削除した…

勉強できる馬鹿。
:さすがに罵詈雑言を芸術とするのは無理がある。
アートといえばOKパターン誕生?
死膿肚 喪吐飽きさん
こんなもん暴走族以下の思考で草
(※アートの表現で、批判する意味はございません)
みうらじゅんが遊びでやってたようなこと。これをアートとはレベルが低い。高松市美術館て何を展示してるんだろ
IQ低そうな投稿ではある。京大教授だけど。>
あくまでもアートだと主張するなら削除しなきゃいいのに。言葉狩りが怖くて表現活動ができるか(過激派)

つーか、単純に面白くない。センスの欠片も感じられん #個人の感想
聖火ランナーを「世禍乱 なぁ」五輪に関わる人を「すぽ お通夜」(スポーツ屋)とも投稿。篠原氏は、自身が提唱した「超絶短詩」という一つの語句を別の語句と間投詞に分解する表現方法だと主張し「言葉狩りされる気がしたので削除した」と説明
・ネットに流したら怒られるかどうかがその歳まで生きてきてわからん?
・アート?本気?だとしたら相当センス無いな
・こんなのでも館長になれるんだねぇ
ぐらいか、感想としては
この教授に足りてなかったのは、地口の技術ではなく「面白さ」だ。
"高松市美術館の館長を務める篠原資明京都大名誉教授が自身のツイッターに、国際オリンピック委員会のバッハ会長を「ばっ  死期」などと書き込んでいたことが2日、篠原氏への取材で分かった"
似た活動をしている者として複雑な気持ち
中二臭いダサ変換を笑えると思える感性が笑えんわ。
また アート かい。
これを芸術、詩だと自身もって言ってる篠原資明は超絶センスないね。ただの駄文屋。これが京大名誉教授になれるって呆れる。
バッハ会長を「ばっ墓」、「すぽ お通夜」(スポーツ屋)、ツイート削除
消すと増える法則。哲学者を気取るならニーメラーの警句を思い出すべき。合理主義の視点で見れば、スポーツも芸術も等しく無駄なものである。
もっと見る (残り約47件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR