TOP > 社会 > トヨタ、静岡で「未来の街」着工 先端技術で社会課題を解決 | 共同通信

トヨタ、静岡で「未来の街」着工 先端技術で社会課題を解決 | 共同通信

11コメント 2021-02-23 17:48  共同通信

トヨタ自動車は23日、静岡県裾野市で計画する先端技術都市「ウーブン・シティ」の建設に着手した。今後、...

ツイッターのコメント(11)

10年後に住んでみたい街🏠
10年前、1000年に一度の巨大地震が起きた。
次は1000年に一度の富士山大噴火で、この企画はオジャンでしょう。
そういう想像力すら無いから、のうのうと生きていけるんだなぁ〜
ムラ人は!

|
裾野市が財政非常事態宣言を出したけど、どうするんだろね

 先端技術で社会課題を解決(共同通信)
富士山だから2月23日。要は自動運転のテスト場。住民はモルモット。
シティ名乗るならせめて県レベルじゃないと、これじゃテーマパークか中規模ショッピングセンター程度
トヨタならブラジリアくらいやってくれ
AIと共存の未来。
→トヨタが静岡県でスマートシティ、先端技術都市「ウーブンシティ」を建設。
今日から工事スタートした模様
富士山噴火リスク考えてる!?🌋
"トヨタ自動車は23日、静岡県裾野市で計画する先端技術都市「ウーブン・シティ」の建設に着手…今後、人を住まわせて自動運転をはじめとするAIや通信を活用した実験を行い、社会課題の解決に役立つ新たなサービスや製品の開発につなげる"
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR