TOP > 社会 > 過去テロ・ゲリラ「必要な闘争」 中核派議長、半世紀ぶり会見 | 共同通信

過去テロ・ゲリラ「必要な闘争」 中核派議長、半世紀ぶり会見 | 共同通信

14コメント 2021-01-27 17:42  共同通信

1969年から潜伏して組織を指導し、昨年9月、約半世紀ぶりに姿を見せた過激派「中核派」の最高指導者、...

ツイッターのコメント(14)

テロリストかよ。
暴力を伴う主張は今も昔も許されない。
必要な暴力など無い。
支援者たちはこのような人を匿うメリットはあったのか?
「自身を含め旧指導部門の活動方針が誤っていた」

ちょっと驚きではあるが、「今さら?」と冷淡になる気持ちは抑えられない。「どの口が」と詰りたくもなる。
いまさらノコノコ出てきて「全労働者階級人民に全力で訴えるため」って
あんたみたいなじいさん今の若者誰も知らねえからww
なるべく周りの迷惑にならないように早く○んでね!
 中核派議長、半世紀ぶり会見(共同通信)
テロリストが堂々と会見してる事自体おかしいだろ
意味不明。
内ゲバ殺人、傷害に対する謝罪が先だろう‼️

どの面下げてものを言うか⁈

戦後左翼運動の決定的な破壊の一端を担った事実を認めろ❗️
暗い世の中にゾンビが墓から這い出してきたようだ。

中核はと言えば、あの議員の名前が浮かんだ!
愛国派の皆様、ご注意ください。
テロやゲリラを必要な闘争だったと述べていたり、公然活動に転じた理由を全労働者階級人民に全力で訴えるためと述べている辺りに、この議長の考え方は世間と乖離してるなと私は感じる。
半世紀ぶり、過激派、最高指導者、83歳!

2008年のリーマン・ショックや昨年以降の新型コロナウイルス禍を受けた社会情勢に対応できず、自身を含め旧指導部門の活動方針が誤っていたと説明。公然活動に転じた理由を「全労働者階級人民に全力で訴えるため」と述べた。
老醜を晒す前にカクマルの内ゲバ・テロで●された方が幸せだったよな
”過激派「中核派」の最高指導者、清水丈夫議長(83)が27日、東京都内で記者会見した
/
"「中核派」の最高指導者、清水丈夫議長(83)が27日、東京都内で記者会見した。 (…)機動隊員が殺害された71年の渋谷暴動事件など中核派が関わったテロ・ゲリラを「必要な闘争だった」と述べた。"
「公然活動に転じた理由を「全労働者階級人民に全力で訴えるため」と述べた。」

荒派に合流でもするつもりかよ。
なんで逮捕されないんやろ
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR