TOP > 政治・経済 > 河井案里議員秘書の有罪確定へ | 共同通信

河井案里議員秘書の有罪確定へ | 共同通信

45コメント 2020-11-28 10:43  共同通信

最高裁は28日までに、公選法違反罪で公判中の参院議員河井案里被告(47)の公設秘書で、同法違反罪に問...

ツイッターのコメント(45)

やっと「まえがき」が終わりそう。
10:37 (JST)11/28 10:55 (JST)updated
©一般社団法人共同通信社
このまま連座制で失職か。
結局、捜査中だから、裁判中だからと説明責任を果たさず、終わり。
党も説明せず終わりだろう。
責任を痛感してばかり、責任も取らない人達に、説明責任なんて分かるわけないか。
「執行猶予5年」か...。
多くの国民は有罪になるの分かってた。
検察は多額の資金を河井陣営に支出することを決めた自民党の大物議員のおっさん連中(二階、安倍、菅など)との繋がりも明るみに出して欲しい。河井夫妻だけ切って終わりではない。
連座制適用にならなきゃ、おかしいよね。
連座制はないのかな?
ごきげんよう、さよなら。
とうとう「ジ・エンド」だ。
芋づるで、応援に入ってた菅総理まで🙏🏻膿を出し切りたい🤮
自然災害でもウィルス災害でも、
「自民党とその仲間たち」を一掃しない限り、政治家に殺される気がしてならない☠️
河井案里被告、かわいい♥
ともかくとして河井夫妻らには冬のボーナスを渡さんでほしい。夏は貰ってたとかおかしいでしょ。
当然の結果ですね!
これまでの歳費は返納でお願いします。
仕事してないんだから!
あと、会見開いて説明責任を果たせ!
これからも検察頑張って下さい。
マジで嫌いだったからクソ嬉しい
これは遺憾、信じてたのになあ、決まった以上罪は償うしかないか(´・ω・`)
一応、ここから連座制の適用対象になるかを改めて決める段階があるらしいが、それを「適用しない」となったらそれにまた特段の理由が要りますからね。されるでしょう。
で、新人候補に1億5千万円出す決定をした党の幹部って誰?
「有罪確定」のトレンドを見て、安倍さんかと思ったら別の自民党議員でした。
安倍は逮捕されないのかと諦めていたが、期待できそうだ。やはりイカサマ雀士黒川が文春役満に当たって退場したのは大きい。この件は、文春が最高の功労者と言っても良いでしょう。
こういう時期に重なるから余計に印象が悪い。せめてコロナが収まってからとか、収まる前にしてもらえれば、なんて思うのは「政治に関心が薄すぎる」と怒られるパターンなのかな? #有罪確定
まず秘書…で、次は…
まだまだ後ろがつまってるので
次々いきましょー
わが校の先輩であられます。
これで河井案里は、連座制で議員資格剥奪と言うことになりますが、次は夫の河井克行と、そしてその黒幕である安倍晋三、菅義偉、二階俊博が失職するターンですね。
これが何を意味するか、分かるかな?
豚箱に直行で良いのに。
-
破防法自民党に適用しては。
焦点は夫の克行被告に。当選、一億五千万の金の出所と指示者が誰かにも。
"最高裁は28日までに、罪で公判中の参院議員河井案里被告(47)の公設秘書で、同法違反罪に問われた立道浩被告(55)の上告を棄却する決定をした。懲役1年6月、執行猶予5年とした一、二審判決が確定する"
ということは、河井案里議員も連座制で議員資格を喪失ということかな。少なくとももう歳費を受け取るなんてことはないよね。当然1.5億円を支給した安倍氏など自民党の執行部も同罪。
河井案里の秘書有罪確定🌸
連座で落選おめでと〜(๑´ω`ノノ゙ぱちぱちぱち✧🥳👏🎉

昨年7月からの当選無効
歳費返納来てください💓💞
o(゚∀゚)o ヤッ ヽ(゚∀゚)ノ ホー
歳費も国庫返納してね
有罪になったら、議員資格はどうなるの?
このまま、仕事もせずに歳費を受け取る?
悪を許すな!
今度は河井案里本人だ。
次いで夫の河井克行だ。
その次は自民党だ。
【河井案里議員秘書の有罪確定へ】
連座制適用ですね。これで国会の汚点が一つ消えると。
連座制適用で河井案里の失職も確定ですね。
最高裁は28日までに、公選法違反罪で公判中の参院議員河井案里被告(47)の公設秘書で、同法違反罪に問われた立道浩被告(55)の上告を棄却する決定をした。懲役1年6月、執行猶予5年とした一、二審判決が確定する。
秘書を逮捕か。つまり秘書が勝手にやったと。自民党ってフリーダムだなぁ。無法地帯とも言えるけど。
あら、河井案里議員秘書の有罪確定ってニュース流れなかった。
連座制が適用される???
自民党が選挙で勝てるのは買収しているから。はい、次。にいこう。次。|
河井案里氏議員、失職クルーー!!
あーあ。
広島県出身としてこの事件は情けないの一言です。

>最高裁は28日までに、公選法違反罪で公判中の参院議員河井案里被告(47)の公設秘書で、同法違反罪に問われた立道浩被告(55)の上告を棄却する決定をした。懲役1年6月、執行猶予5年とした一、二審判決が確定する
秘書じゃなく議員のほうを早く。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR