TOP > 社会 > みずほでも不正引き出し 複数の決済サービスで | 共同通信

みずほでも不正引き出し 複数の決済サービスで | 共同通信

26コメント 2020-09-16 23:02 | 共同通信キャッシュ

みずほ銀行は16日、過去1年以上前に複数の電子決済サービスを使った不正な預金引き出しがあったと発表し......

ツイッターのコメント(26)

>被害当時はインターネットバンキングの一部サービスを使えば、通帳が手元になくても最終残高が分かる抜け穴があったという。

所有要素といってもインスタントなものでなければ危険ですね。
本当何処の銀行を信用すればいいか分からない
本人しか知らない情報を入力させるのだ。通帳の最終記帳残高とか良いぞ → うっかりミスで突破
"被害当時はインターネットバンキングの一部サービスを使えば、通帳が手元になくても最終残高が分かる抜け穴があった"
みずほの通帳なんて、どこへ行ったかな。たぶん10年くらいは記帳してない。残高やら口座の出入りはみずほダイレクトで毎日確認できるし。|
最終残高がわかる抜け穴が原因みたいな記事だけと、問題の本質は↓じゃないの

> 通帳に記載された最終残高で本人確認
さすが は相変わらずだな
これはあかん。。。
お金の補償後、被害者は「金融機関」なり「サービス提供者」となるという話を聞いた事がある。向こうは保険で賄うだろうから実害はないのかもね。保険料が上がれば手数料に反映させれば良いだけだろうし。
“外部の決済サービスにチャージ(入金)できるよう登録する際、通帳に記載された最終残高で本人確認をしている。しかし被害当時はインターネットバンキングの一部サービスを使えば、通帳が手元になくても最終残高が分かる抜け穴があった”
ちゃんと本人確認してよ…
いやいや、1年以上前ってwww
自分が言えた義理じゃないけど終わってるわ。
《過去1年以上前に複数の電子決済サービスを使った不正な預金引き出しがあった》
MINORIもやられたか…(MINORIは勘定系なので多分、関係ない)
OUTな記事

うーん、、

ネットを利用していない口座を狙っているのではないか。

みずほの場合、新たな端末でログインしようとすると二つの合言葉に回答しパスワードを入力し、振込には第2パスワードが必要でかつ、メールが届く。これを突破するにはネット未開設口座を狙うしかない。
抜け穴なの?

「みずほは、外部の決済サービスにチャージ(入金)できるよう登録する際、通帳に記載された最終残高で本人確認をしている。しかし被害当時はインターネットバンキングの一部サービスを使えば、通帳が手元になくても最終残高が分かる抜け穴があったという。」
これは…

「外部の決済サービスにチャージ(入金)できるよう登録する際、通帳に記載された最終残高で本人確認をしている。しかし被害当時はインターネットバンキングの一部サービスを使えば、通帳が手元になくても最終残高が分かる抜け穴があった」
メガバンもダメか…
お手軽キャッシュレス決済という中国由来の海賊が日本の港(銀行)を次々と襲っているイメージだな。
参ったな、みずほもか?と思ったら今は大丈夫らしい。
後出しジャンケンやめろ
みずほ銀行は16日、過去1年以上前に複数の電子決済サービスを使った不正な預金引き出しがあったと発表した。被害件数、時期、被害額は非公表。自行のセキュリティーの不備が原因だとして…

【2020/09/16 - 22:56 共同通信】
こういうのって、口座維持費を巻き上げる口実にされるかも。
こりゃまだまだ増えるな
これはマジで(; ・`д・´)ゴクリンコ
はい、これにてキャッチレス時代終了
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR