TOP > 社会 > JR東、1553億円赤字に転落 四半期最大、運賃や終電見直しも | 共同通信

JR東、1553億円赤字に転落 四半期最大、運賃や終電見直しも | 共同通信

10コメント 2020-07-30 19:39 | 共同通信キャッシュ

JR東日本が30日発表した2020年4~6月期連結決算は、純損益が1553億円の赤字(前年同期は91......

ツイッターのコメント(10)

終電繰上げを恒久化されるのは辛いなぁ…あくまで時限的なものであって欲しい。
終電が早くなるのは、僕のような職業の人には死活問題。乗客のせいではなく、明らかに組織の硬直化の結果。水没させた新幹線もそうだし、他の会社が次々に通常ダイヤを減便する中で一切減便せず、減便直前に非常事態宣言終了でそのまま。儲けすぎて金銭感覚がおかしい。
@shintomei04141 赤字解消も考慮されているのではないでしょうか。純損益が1553億円。運賃値上げもやむなしか。
終電なんてこの数ヶ月ガラガラだから23時くらいで十分👩‍🦳
自粛で今後交通費、旅行費用は跳ね上がるだろう。
最近の関東の電車は異常な満員から普通に多いくらいにもどっただけなのに
電車はやはりあの命がけのラッシュ前提での収益か
値段上げるべきかも
セグメント別のPL見ないと分からないけど、鉄道事業より子会社群からの上納金が激減したのでは。ただ、夜の街自粛だから終電前倒しは理にかなう
あ。運賃も… 終電も…
>JR東、4〜6月期1553億円赤字に転落 
売上高は前年同期比55.2%減の3329億円。収益改善に向け、運賃の見直しや終電時間の繰り上げを検討すると表明した。
良いことじゃないか
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR