TOP > 社会 > 西之島、噴煙4700メートル 観測史上の最高高度に | 共同通信

西之島、噴煙4700メートル 観測史上の最高高度に | 共同通信

15コメント 2020-07-03 20:52 | 共同通信キャッシュ

気象庁は3日、噴火が続く東京・小笠原諸島の西之島を気象衛星ひまわり8号で観測した結果、噴煙が4700......

ツイッターのコメント(15)

この際、日本より大きくなれ
まだまだ活発だなぁ。
今の外形よりももっと大きくなるかも? w
最終的にどのような島になるのか気になる。
どんどん広がっている。どこまで広がるかな?
私たちが今、生きている時代って
かなり歴史に残る出来事で溢れてきてる気がする

生きてる人はキツいけど
歴史となれば興味深い、面白いと
感じる1つになるんだなぁと
しみじみ思う
すげぇーな、地球!
同僚が父島にいるけど大丈夫かなぁ🤔
西之島
噴煙4700メートル


小笠原諸島の西之島
気象衛星ひまわり8号で観測
噴煙が4700メートル
火山活動が活発化した2013年以降で最も高い

火口周辺警報(入山危険)を継続し、山頂火口から2.5キロ圏で飛散する大きな噴石、溶岩流に警戒を呼び掛けている
山頂火口から2.5キロ圏で飛散する大きな噴石」大きなって10キロくらいあんのかな?怖いな
■航空路には問題ないのだろうか?
気になりますねぇ。。。
いつも通り、火山情報を放送しないNHK・ニュースウオッチ9なので報道せず。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR