TOP > 政治・経済 > ヤマハ講師1200人補償なし コロナ禍、制度隙間で困窮 | 共同通信

ヤマハ講師1200人補償なし コロナ禍、制度隙間で困窮 | 共同通信

42コメント 2020-06-03 19:42 | 共同通信キャッシュ

楽器大手ヤマハの子会社「ヤマハミュージックジャパン」が、47都道府県で展開する英語教室の講師約120......

ツイッターのコメント(42)

ヤマハ音楽教室はダークな印象。
ガチの営利団体なのにJASRACの著作権使用料支払うのが嫌でロビー活動している。
ヤマハ音楽教室に教育を語る資格なし。
そんな中でのこのニュース。
---
タイムリーですね
講師にもミュージシャンにもユーザーにも冷たい会社ですわ。それでも…な信者がいるのはスゴい。
これ、英語教育だけか?音楽教室も一緒じゃない?🤔
ヤマハの例の問題だけど、英語講師なんだ。
@kihachisincat 今回の英語講師の件、引用記事によると、教室側が所得税を天引きしていたのが大きいかな、と。業務委託としたら、おかしな話なので。一方で、本人たちは社会保険料を支払ってなかったという記事もあるので、今後、未払いの社会保険料を請求されるかも、という心配もあり。
これ、請負の扱いなのに給与所得でもらっていて今回の給付金で問題になった背景。
会社側は、社会保険、残業代、有給、休業補償を全部無くしていつでも解雇できる業務委託に切り替えたが、実際には講師側に業務上の裁量や交渉の余地がなく雇用と変わらない。こんなもん違法。
今さら気づいたわけでもなかろうにねえ。あと、系列会社の講師はヤマハ講師としてカウントするのかしないのか。
ヤマハに限らず、講師自身もわかってるけど声をあげない雰囲気があると思う。
ーーー
ヤマハに限らずピアノ講師の待遇はアルバイト並だと聞いたことがあるので、なんとかしてあげてほしい
ヤマハって数ある子会社の中でも教室事業だけ極端に酷いよなぁ - [read]
私もヤマハ講師…ブランドの裏側の実態とは^^; 色々大変す。。
おりょ、偽装請負じゃないですか〜
「報酬を税法上の給与とみなして社員と同様に所得税を天引きする一方、雇用契約を結んでいない個人事業主として扱い」
なにこれ。税務調査で突っ込まれるのを避けるためなのかもしれんが、こんなやり方アリなのか?
一番寄付をしないといかんのココでは
ヤマハ英会話教室なんてあるのか?個人事業主なのに個人事業主用の給付金対象にもならないなんて踏んだり蹴ったりだな
ヤマハのCMは可愛い感じなのにねー
個人事業主なのに給与所得って狂ってる。
法規制かけていいんじゃないか?
遅れながらも支払われるようで良かった
『講師らは税法上は給与所得者で、個人事業主を救済する国の持続化給付金の対象からも外れていた。』
「講師約1200人に対し、報酬を税法上の給与とみなして社員と同様に所得税を天引きする一方、雇用契約を結んでいない個人事業主として扱い、新型コロナウイルス感染拡大による休業補償をほとんどしていない」
なるほどー。。制度が悪い感
「ヤマハミュージックジャパン」が英語教室の講師約1200人に対し報酬を税法上の給与とみなして社員と同様に所得税を天引きする一方、雇用契約を結んでいない個人事業主として扱い…
今度は音楽教室じゃなくて、英語教室/
ドキッとした(苦笑)。
いや、笑い事じゃないんだけども。
さすがパワハラの温床....
補償って、難しい問題だな。企業の経営にダメージであることは間違い無い。だからと言って微妙な立場である、しかし企業の中核を担う講師達を保証しないというのは今後の講師達と企業の関係に影響するのではないだろうか。
「制度の隙間を突くような特殊な働かせ方の問題点がコロナ禍で浮き彫りになった。」
知り合いの音楽講師は既に持続化給付金受け取ってます。英語と音楽は違うのかな?
ヤマハの講師、可哀想だな。
大手で働くことが本当に良いことなのか、考える時がだいぶ前から来ていると思うよ。
けど、稼ぐということは本当に大変で甘くないから、常に覚悟が必要だね。

↓ここから記事
個人事業主として扱うと、確定申告で経費集計の煩わしさがあります。給与所得だとその必要がありません。その点も給与収入扱いとした理由の一つとなったのかもしれません。
根はどこにあるのかって問題
社会の在り方が問われている
どういうこと?こんな契約あるの?
"楽器大手ヤマハの子会社「ヤマハミュージックジャパン」が…英語教室の講師約1200人に対し、報酬を税法上の給与とみなして社員と同様に所得税を天引きする一方…個人事業主として扱い、新型コロナウイルス感染拡大による休業補償をほとんどしていない"
なにこれ酷い。
これって制度の隙間なのか?
弁護士ドットコムが記事出しそう。
これは非道
ほら、やっばりね💣
共同通信|講師1200人補償なし コロナ禍 制度隙間で困窮
2020年6月3日

“社員同様に所得税天引きの一方、雇用契約を結ばぬ個人事業主扱いで休業補償はほとんどせず” “税法上は給与所得者で個人事業主を救済する持続化給付金の対象外”
ずいぶん悪質じゃないか?
“講師らは税法上は給与所得者で、個人事業主を救済する国の持続化給付金の対象からも外れていた”
講師らは税法上は給与所得者で、個人事業主を救済する国の持続化給付金の対象からも外れていた。5月下旬の国の方針変更で今後は受給できるが、審査が厳しく大幅に遅れそうだ。制度の隙間を突くような特殊な働かせ方の問題点がコロナ禍で浮き彫りになった。
ヤマハミュージックジャパンが、「英語教室の講師約1200人に対し、報酬を税法上の給与とみなして社員と同様に所得税を天引きする一方、雇用契約を結んでいない個人事業主として扱い、新型コロナウイルス感染拡大による休業補償をほとんどしていないことが3日、分かった」
以上
 

いま話題の記事

132コメント 4 時間前 - note
PR