TOP > 社会 > 小泉環境相「育児休業」取得へ 第1子誕生後、計2週間 | 共同通信

小泉環境相「育児休業」取得へ 第1子誕生後、計2週間 | 共同通信

199コメント 2020-01-15 10:02 | 共同通信キャッシュ

小泉進次郎環境相は15日、省内で開いた会合で「育児休業」を取得する意向を表明した。短時間勤務やテレワ......

ツイッターのコメント(199)

2週間じゃ足りないとか実質有給やんとか言われてるけど、通常だったら休めない人が出来るだけ育休とったという姿勢はいいことだと思う
国民の税金からお給料貰ってて&しかも…乳母なり…お手伝いなり←いくらでもお金で雇える立場のお方が→パフォーマンスで育休を取ったところで←いったい誰が、俺も取ろうってなるのかな😰😰💦💦
これ大賛成!
うちはたまたま年末に生まれたから、家に帰ってきても1週間以上旦那が家にいてとても助かったし、その間に一緒に試行錯誤しながら育児したから、旦那ができないことってなかったなー!
旦那に預けて骨盤矯正行ったり、マッサージ行ったりできたから助かった!
夫が議院だろうが会社員だろうが妻の立場からすると、自分だけじゃなくて夫が一緒に子供のお世話をしてくれるというのが嬉しいんです。共有したいんです。あとホントに体が辛いんですよ…
この人の場合、育休が人気取りの道具に思えるから否定される。育休後に一般庶民の大変さが理解出来て、政策実行出来て当たり前だ。
計2週間の育休?
時短や、リモートワークで…

妊婦に一晩中指輪を探させて、翌朝に(まるで隠し持っていたかのように)即、見つけてきて説教するような男性が?
産褥期の妻を労り、世話ができるとはとても思えないけど。

滝川さんは真面目そうだし、心を病まないといいね。
いろんな意見が出てるけど子育て真っ只中の身としては立場問わず子が誕生した時から夫婦で世話できる世の中であって欲しいしそういう人が1人でも増えたら嬉しいじゃない。取れる人から取って行こうよって思うなぁ。
これが話題になること自体が、ジェンダーギャップ指数122位の現実を表していると思います。
この方については、この部分だけは期待してるので。
貴方が休むより、税金から出てる給金で人を雇うなりして経済を回しなさいな。
大臣は一般人ではないのでは?

貴方が取って、一般男性が取るとお思い?産休?あぁセクシーの?とか言われちゃうわよ。
育児休暇を取りやすい社会に変える方がさきだと思う
小泉さんが取得して何か変わる?

小泉さんが取ったから自分達もとろうなんて考えにはならないよ
自分の上司でなければ、公務員でもない
全くの参考にならない
ぶっちゃけ、環境省に産業の規制制定の権限とかほぼ無いし、資源計画も他所の省。
お飾りの大臣で存在意義希薄なら、政治家として育休取りやすい空気醸成する方が何万倍も意義がある
2週間といわず、3ヶ月ずっと育児休暇すると良いと思います。特に夜間の授乳。
私はすべての夜間授乳やったが、それで妻のストレスはかなり減らせた。
お母さんの不調は赤ちゃんの心の安全にかかわる。夜の睡眠が安定するまでは父ちゃんがんばって母さんの睡眠確保するのだ。
3ヶ月の間に2週間って💦
それを育休と言うのかね小泉くん😅
半年くらいガッツリ休んでお家でオリンピックでも見ながらオムツ替えてなさいよ👶
小泉環境相のアクションは立派だと思う。
ただ私だったら2週間ばかし育休取るより育休終了後の長時間勤務と夜のお付き合い、遠方への出張を数年間控えてほしいな。
立場上難しいとは思うけど。

保育所の送迎、夕食の用意や買物、入浴、寝かしつけは2週間では終わらないぞ。
そうなんだー。国のリーダーとしての役割をわかってるってことで、そこは単純に評価したい。
来年度迄お休みされてもいいですよ。
その方が仕事が捗るのでは?
おお、無事に育休とるのか。
よかたよかた!(*´∀`*)
2オペでようやく、人間としての生活ができると思うのまじで。
育児休暇を率先して取る事は良いよね‼️世の中、まだ取りにくい職場で働くお父さん多いんやし。
これをパフォーマンスと取らないでほしいわ。
個人的な感想ですが、産後しばらく交代できる反対班の存在しない夜勤みたいな感じで、産後1ヶ月〜くらいが消耗のピークです。是非環境相にはこの時期奥様を少しでも寝かせて上げて欲しい
偉い人が育休を取ってくれるのは素晴らしいことだと思う。日本の母たちの負担を父たちで減らそう。
どうぞどうぞ、2週間と言わず、もっと子育てしようよ!
核家族が当たり前だと、休むというより育児の人手不足の解消って解釈する

また、子供が生まれたからこそ
一生懸命働かないとね❗
から
早く家に帰らないとね❗
になってほしい。

例えば病気になったくらい、配慮しないと、子育て社会がもたない
てめーの歳費は一般企業のような、実績に対する報酬じゃなくて、国民の期待の声だ。
国民はてめーに期待し税金で先行投資しとるんだ。
それ育休とかどこまで能無しなんだ?
育児休業云々も、すべてサラリーマンの話だからな。

これだけ雇用が薄れて来てて、良くも悪くも副業云々言われてて、個人事業主も増えてて、企業への風当たりも強い中で

育児休業とか、最低賃金上がってたりとか、もはやこの社会はミステリアス過ぎる。
いいやないの。子育ての戦力としてはもちろん、妻にとっても、夫がいてくれるのありがたいんだ。ふにゃふにゃの乳児とずっと2人きりではなく、言葉が通じる同世代の大人がいるっていうだけでありがたい。
日本が大統領制でなくてほんと良かった。
メディア受け狙いまくりのこの人は、きっと女性からもの凄い支持を集めるんだろうよ。
しかし自民党員は決してこの小泉氏や石破氏を支持することは無い。
これさ、守ってもらえる国とか会社があるから成り立つけど、自営で自分で仕事取ってこないとダメな立場の人がやったら次の日から仕事無くなるよね。それこそやってけないよね。自営にもなにか手当くれや。安倍。くそ
非常に良い流れ。
まずはパフォーマンスでもなんでもいいからやってみるべき。

それにしてもニュースへの批判的なコメントが多いのが残念
「内情はともあれ政治家の育休取得は世間一般の育休へのハードルを少なからず下げることに繋がるだろうし悪くはないと思うけどそもそもセクシーが家事育児において役に立たなそう」に一票
これは良い取り組みで、リーダーが育休をとるということは前向きな影響を与えると思います。

小泉さんに対して良くない思いを抱いている人もいるとは思いますが、それとこれとを混同してはいけない。

というか育児のためにたかだか2週間休んだくらいで騒ぐ国民って、、、
もっと取って欲しかった。けど、大きな前進🙆‍♂️🙆‍♂️🙆‍♂️
よく見たら2週間育休取ったんじゃない!計2週間だった!時短とかを組み合わせての計2週間だって!意味ないとは言わないけど、お風呂とか助かるし、ちょっと見ててもらって寝れるし。でもさ!、それって育休なの?
この人の仕事ぶりは知らんけどこの頃の子守たくさんしておくと後々のママなし子守がだいぶ楽になると思う
子供の父親に対する信頼感を作れる(n=1)
6年ほど育児休暇取りなさい
3ヵ月間で14日ってことなら90分の14
月に5日ない。短すぎじゃない?
産後すぐは特に重点的に休んでもらいたい。
(共同通信)

平均すると1週間に1日程度の育休ということだから、実質的なことより、トップが「育休とるべしと姿勢を示した」ことの意味合いが大きいのだろう。
これをリーダーシップというなら、むしろ仕事の上で発揮してほしかった。
ちなみに「育児休業」ではなく「育児休暇」ですね。
進次郎氏はちゃんとそう言ってます。
議員が職業なら育休は率先してとるべきだけど、お役目なんだから辞職して他の人に託すのが筋ではないかな。 :
大臣職の現状を鑑みてもこの方が育休をとっても役に立つとは思えない。産後で休息の必要な奥様の傍らで口喧しく「理想」を語るだけで疲労の上乗せをするだけなのではないか。お手伝いに看護師を雇う方が余程良いのでは。具体的に能動的な活動計画はあるのか。無いだろうな。
時短勤務とかテレワークとか余計なことしないで、休むときには完全に休んでほしい。

変なことやってると世間に間違ったメッセージを発信することになる。

真面目に新生児の世話やってたら、仕事との両立なんて到底無理なんですよ。
2週間じゃ短いんじゃなぁい!?
産後一ヶ月はまともに動けないけどなぁ…。どんな職業の男性だろうと父親になるからには全てを敵に回しても嫁と子を守れ!
それは好きにしていいレベルだから、環境大臣らしい仕事してくれよセクシーに。
大臣で育休2週間…一般企業の男性は推して知るべしでしょう、育休自体取るのが難しいです
こういうケースでもらえる助成金あります。
| 2020/1/15 - 共同通信 なんとなく、育休終わった後あたりで「家にはまったく寄り付きませんでした」って報道でそうだな。
この人はほんとバカなんだろうね

育休はプラスな話だけど、不倫男が家庭を大事にしますみたいなアピールに見えて非常に痛々しい。

さらに自分が環境大臣って立場・・・
家庭を大事にしたいなら入閣しなければよかったのでは。

まず不倫&政治資金問題申し開きしろよクズ
| 2020/1/15 - 共同通信

なんだよこれ、二週間ぽっちかよ。育休じゃなくて冬休みだろ。
少なくとも御父上の小泉純一郎は政治家としてのスタンスは兎も角として、政治家の仕事は全うした筈ですがね。
多忙の間隙を突いて、僅かな時間でも横須賀に帰って兄弟に顔を見せていたのは小泉進次郎自身が述べていたエピソードだ。
断言する。私情で休む大臣など要らない。
もっと見る (残り約149件)
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR