TOP > 社会 > 立憲民主党と「危機感」共有 国民民主党代表 玉木雄一郎氏 | 長崎新聞

立憲民主党と「危機感」共有 国民民主党代表 玉木雄一郎氏 | 長崎新聞

13コメント 登録日時:2019-08-13 16:50 | 共同通信キャッシュ

国民民主党の玉木雄一郎代表が9日、長崎市内で長崎新聞社の単独インタビューに応じた。7月の参院選や国会......

ツイッターのコメント(13)

一部の組合リーダー独占欲による組合の政治に怒ってるのがわからんか?
「核兵器禁止条約への批准を政府に働き掛けたい。」 難しいと思うけどね。
自公維、れいわ、N国を倒す
玉木氏がまともに憲法議論をする気がない事が改めてわかる、憲法改正の議論ができる一般野党と協力が望ましい。反日無罪妄想撲滅。
今頃言っても仕方ないですが、やっぱり参院選は”大きな塊”がなかったのが敗因では?複数区も協力すべきだったと思います→
もう完全に社民党の後を追ってるよね!(笑)…
>あいも変わらず鈍感な政治家だね。

大きかった社民党も共感を得ていない証拠。
それを横目で見て、まだわかんないんだろうね。

立憲も次は少数派、国民も少数派にきっとなるだろう。
気がつかない?
危機感じゃなくて政策共有しろよ…。
〈政権交代が可能な信頼できる固まりが大事だという、ある種の危機感を立民と共有できていると思う。〉
国民はあなた達に「危機感」…
文句言わんと現実を見よ‼️国民民主より人気のある共産党に自ら歩み寄れ‼️
なぜ統一会派結成に向けた動きが生まれたのか

参院選でれいわ新選組やN国党が出てきた。自民に代わるもう一つの選択肢が明確でないと小さな政党に不満・批判票が流れてしまう。政権交代が可能な信頼できる固まりが大事だという、ある種の危機感を立民と共有できている。
#国民民主党 #玉木雄一郎 #単独インタビュー
以上

記事本文: 立憲民主党と「危機感」共有 国民民主党代表 玉木雄一郎氏 | 長崎新聞

いま話題の記事