TOP > 社会 > 甲状腺がん報告を一部修正 福島県の検討委「結論が早急」 | 共同通信

甲状腺がん報告を一部修正 福島県の検討委「結論が早急」 | 共同通信

22コメント 2019-07-08 20:43 | 共同通信キャッシュ

東京電力福島第1原発事故の健康影響を調べる福島県の「県民健康調査」検討委員会は8日、2014、15年......

ツイッターのコメント(22)

憤りしかない
「「現時点では甲状腺がんと被ばくとの関連は認められない」とする評価部会の中間報告の表現を一部修正する方針を決めた。」
「結論付けるのは早急だ」という意見があるそうだが、中間報告には「現時点で」とあるようなので、結論付けては、少なくとも断言してはいないように見えるが。
「福島市での会議で」市議会?非専門家の不安で専門家による科学的に正しい意見が歪められる結果にならないか心配だ。:
被曝影響は「認められない」との原案にたいし,「断言できるのか,断言してよいのか,可能性があることをいれるべき,どう考えても強引」(富田委員・福島大学政治哲学),「(UNSCARE)放射線被曝線量との関係は認められないにすべき」(春日委員)などと反論続々。
なんかこれも選挙前のお上によるパフォーマンスとしか思えない。
チェルノブイリに救援行ってたヒロシマナガサキのエリート医師らは沈黙。福島医大は過剰診療の臓器切り取り魔として訴えられもしないが、朝日の論座で、検査をやめるように死の灰のせいではないとプロパガンダ。狂ってる。子どもを基準に考えろ!
因果関係は明確だよ。神様仏様でも否定できない因果関係だよ。
安全の手引きでは放射線の体内被曝は妊娠期の女性の特に腹部に対して1ミリシーベルトが推奨されている国の法律が20ミリまでは安全に引き上げて灌漑事業の開門は覆しておいて都合の良い所はそのままの政府と地方を信用する意味があるか?
甲状腺癌報告を一部修正 

原発事故健康影響を調べる「県民調査」検討委は、14、15年度に実施した2巡目の甲状腺検査の結果について「現時点では甲状腺癌と被曝との関連は認められない」とする評価部会中間報告の表現を一部修正する方針を決めた。
手遅れに、なるよ❗️
最終報告でどうなるか。まだまだ、不安はある。
何としても増加を隠蔽したいんだろうなぁ…。牧野先生が数年前に予見した「間違った手法」をあえて(?)やるくらいだし。>
まあ、一部修正が入るのは良い。が、被害者の救済を重視した結論にして貰いたいな。----
当たり前じゃ まだ原発事故は収束してないんだし
福島県の検討委「結論が早急」【共同通信】
-Altの気になるニュース
2014、15年度に実施した2巡目の甲状腺検査の結果について「現時点では甲状腺がんと被ばくとの関連は認められない」とする評価部会の中間報告の表現を一部修正する方針を決めた。
福島県の検討委「結論が早急」◆共同

 2巡目の結果について「現時点では甲状腺がんと被ばくとの関連は認められない」とする中間報告の表現を一部修正する方針を決めた。福島市での会議で「結論付けるのは早急だ」などとの意見が相次いだため。
》福島市での会議で「結論付けるのは早急だ」などとの意見が相次いだためで
共同: 「結論が早急」   2014、15年度に実施した2巡目の甲状腺検査の結果について「現時点では甲状腺がんと被ばくとの関連は認められない」とする評価部会の中間報告の表現を一部修正する方針を決めた。
以上
 

いま話題のニュース

PR