TOP > 社会 > 在職老齢年金「将来廃止も」 骨太方針、氷河期30万人雇用増 | 共同通信

在職老齢年金「将来廃止も」 骨太方針、氷河期30万人雇用増 | 共同通信

11コメント 2019-06-11 20:50 | 共同通信キャッシュ

政府は11日の経済財政諮問会議に、経済財政運営の指針「骨太方針」の案を示した。働いて一定額の収入があ......

ツイッターのコメント(11)

ちょっと前の記事で、見逃していたものを。

企業からすると、シニア人材への給与を下げる理由がなくなり経営を圧迫する可能性あるけど、それでも廃止の方がいいと思う。

在職老齢年金「将来廃止も」 骨太方針、氷河期30万人雇用増 | 2019/6/11 - 共同通信
氷河期世代を就職させても45歳以上の正社員は不要とされる空気が広がっている現状でどれだけ働き続けられるのか。小手先では何も変わらない。/在職老齢年金「将来廃止も」 骨太方針、氷河期30万人雇用増 | 2019/6/11 - 共同通信
在職老齢年金制度が廃止されるのであれば、高齢者雇用で働いて70になってから年金支給受けるなら、そのまま42%加算金受け取れるため、想定される平均的な持ち出しがなくなり収支がバランスする罠
もう減額廃止から全額廃止へ❓遂に安倍ご自慢の雇用確保が、民主党時代よりも、ずっと安月給の非正規すら維持できない時代へ。当然、政策反動が氷河や全世代に。余裕なき企業の安直さで解雇や非正規が増え賃下げも。#グローバル化で海外逆行は不能。まだ無い者から取るのか。
定年が延長されて、年金を受給できる時期も延長されるのであれば、現役世代の人はかなり長生きしないと完全に払い損。

これからのインフレに合わせた収入が貰えるなら年金受給が遅くなっても大丈夫かもしれないけど、企業がどこまで負担してくれるんだろうか。現実は厳しい。
「働いて一定額の収入がある人の年金を減額する在職老齢年金制度は『将来的な廃止も展望しつつ見直す』と明記」〉 (6/11)
何言ってんのかな。非正規増やした政権が今度は30万人正社員にするとか。選挙の為のオオボラ吹き、舐めるのもいい加減にして欲しい

最低賃金は、全国平均の時給が「より早期に千円になることを目指す」と引き上げ加速を促した
もう年金払いたくねぇわ
財源の裏付けに累進税率の見直しや富裕税実施を盛り込むくらいならともかく、これでは「骨細方針」だ。
以上
 

いま話題のニュース

PR