TOP > 社会 > 陸上セメンヤ選手の訴え退ける CAS、女子新規定で | 共同通信

陸上セメンヤ選手の訴え退ける CAS、女子新規定で | 共同通信

18コメント 2019-05-01 21:32 | 共同通信キャッシュ

【ロンドン共同】スポーツ仲裁裁判所(CAS)は1日、陸上女子800メートルで五輪2連覇中のキャスター......

ツイッターのコメント(18)

否定すれば差別と言われ、許可すれば男子並みの記録を出す。そりゃ精巣があって男性ホルモンが女子の3倍あるって事だから。他の女性選手からしてみたらドーピングと変わらないって思うだろう。
現代の社会において国際機関から「差別的だが必要」という文言が出されたことに驚いた。
性別による区分をやめてテストステロン量による階級制にしたら良いんじゃないかな 「 」
こういうのはもう差別じゃなくて区別でしょ。格闘技の男女分けじゃなく階級分けのようなもの。
どこまでが才能で、どこまで行ったら一線を越えてしまうのか。
competitionにおける公平性とは何か。
そしてホルモンに関しては、1つの経路だけで考えてどうにかなる物なのか。
難しい話題ですね。
女子スポーツの公平性を守る観点から、この判断に賛成。本気でスポーツに打ち込んだ経験のある女性以外の人が、外野からこれを人権問題にしてやいやい言いすぎ。
こうなると男女関係なく、ホルモン値で分類する? 染色体が男でもホルモン値低い人もいるだろうし、性転換した人もこの範疇になるだろうし…
こうなってくると、なにが「男」でなにが「女」なのか、そのボーダーのつけ方が難しいのよな。
テストステロン値の高い女子選手の出場資格を制限する国際陸上競技連盟の新規定撤回を求めた訴えを退けた。裁定を受け、国際陸連は8日から新規定を適用すると発表した。
こんな事するくらいなら、女子競技なんて辞めちまえばいいんじゃねーの?
人間の体はレギュレーションに合わせて簡単には変えられないよ。

 CAS、女子新規定で(共同通信)
セメンヤ選手は可哀想だけど、女子選手ではないよね。
テストステロンってすご
「差別的」と認めた上で、国際陸連の主張する「女子選手の公平性を守る」という目的のために「必要である」 / “ | 共同通信”
この人の記録は誰も越せないものなのだろうか。。
陸上やってた身として、公平性って何だろなって思う。たまたま今強い選手がいるだけなんじゃないかなと考えるんだけども。
この人も好きでこの身体に生まれてきたわけじゃないから可哀想な所もあるけど、競技の公平性とはまた別の話だと思う。身体つきとか見ても明らかに女性のそれとは違う。
まあ当然の結果。セメンヤ男だもんよ。
以上
 

いま話題のニュース

PR