TOP > 社会 > 共同通信 47NEWS > 京大、教授の論文...

京大、教授の論文不正で内部調査 熊本地震の図、改ざんか | 共同通信

10コメント 登録日時:2019-03-25 20:21 | 共同通信 47NEWSキャッシュ

京都大の男性教授(地震地質学)が2016年10月に米科学誌サイエンスで発表した同年4月の熊本地震につ......

Twitterのコメント(10)

喫煙に関する論文はスルーしてるよね?あれこそ根も葉もない出鱈目ばかりなのにw
コピペ改ざん?:
あらま。。。
> 阿蘇山のカルデラ(陥没地形)で新たに断層が生じ、マグマの通り道となって噴火が起きる可能性があると主張
つまり、玄海原発運転差止判決の根拠も影響を受けるわけね。控訴審での証拠採用見直しに期待。
たとえ教授であっても、不正を追及できる時代になったことを喜びましょう。十年くらい前なら内々で処理したに違いない。
研究不正が起きる構造を理解してほしいが…。死人に口なし。。。
論文を書かない教授

不正の指摘をされないというのもなんだかな~。
ツィッターに対しても
不正を指摘したほうがいいと思うよ。
こんなの懲戒免職だよ。なんだこんなことばかり続くのか。
おやおや・・・

| 2019/3/25 - 共同通信
以上

記事本文: 京大、教授の論文不正で内部調査 熊本地震の図、改ざんか | 共同通信

関連記事