TOP > 社会 > 墜落の空自戦闘機か、海底で発見 山口県見島沖、塗装を確認 | 共同通信

墜落の空自戦闘機か、海底で発見 山口県見島沖、塗装を確認 | 共同通信

22コメント 2019-02-22 17:33 | 共同通信キャッシュ

丸茂吉成航空幕僚長は22日の定例記者会見で、山口県・見島沖の日本海に墜落した航空自衛隊築城基地(福岡......

ツイッターのコメント(22)

"緊急脱出して救助された1等空尉は2カ月程度、2尉は2週間程度の治療が必要と診断されたという。"
・・・射出の際にかかるGで痛めたりしたのかなぁ。全治2ヶ月って結構重症。
日本海側だから早めに回収しないと。
めっかったのか‥早かったな、さすが(=ω=)
これオスプレイだったら大騒ぎしてると思うんだけど。
やるのは深サルさんだろうけど上手く揚がるといいな・・・US2の時は機体が・・・・になったから・・・
早く引き揚げられるといいな!。
1機 120億円するらしい。(◎-◎;)
過去のF-15のように引き上げるのでしょうか…
─海上自衛隊がソナーで発見し、水中カメラで塗装などを確認した─

ああ…………
> 緊急脱出して救助された1等空尉は2カ月程度、2尉は2週間程度の治療が必要と診断されたという。
重症やんけ
「事故原因の究明を主な目的として、可能な限り速やかに引き揚げたい」

海底100mは、引き上げは問題ない?
1機120億円の新鋭国産戦闘機が、いきなりドボンと落第し、ゴボゴボ沈みて海の底。
フライトレコーダーが回収できれば墜落の原因究明が早くなるはず。

原因究明の手掛かりになるでしょう。
乾燥させたら飛べるのかな?(* *)だって結構お高いんでしょう?
税金が鉄グズに〜
| 2019/2/22 - 共同通信
100m程度ならさして難しくは無いな。
F2戦闘機とみられる機体が、深さ約100メートルの海底で見つかったと。。。
| 2019/2/22 - 共同通信
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR