TOP > 社会 > 原発被災病院の鈴木市郎院長死去 双葉病院、救出難航し患者ら死亡 - 共同通信 | This Kiji

原発被災病院の鈴木市郎院長死去 双葉病院、救出難航し患者ら死亡 - 共同通信 | This Kiji

18コメント 2019-01-30 13:22  共同通信

死去した鈴木市郎氏 東京電力福島第1原発事故で、救出が難航した患者らが死亡した双葉病院(福島県大熊町)の院長、鈴木市郎(すずき・いちろう)氏が29日午前1時43分、肺炎のため相模原市の北里大病院で死去...

ツイッターのコメント(18)

避難の際、汚名を着せられた鈴木院長が亡くなった。
東電刑事裁判で状況が広まったけど本当に気の毒なことだった。
| 2019/1/30 - 共同通信
避難の際、汚名を着せられた鈴木院長が亡くなった…。東電刑事裁判で状況が広まったけど、本当に気の毒なことだった。ご冥福をお祈りします。
当時のマスコミのデマはひどかった。
…この救出難航した時、
実際は警察等の連絡ミスや遅れが原因だったのに
マスコミの誤報による病院叩きは酷かった。
原発事故後、病院と隣接する介護老人保健施設は孤立状態となって患者らの救出が遅れ、2011年3月中に約50人が死亡。この問題を巡り、東電旧経営陣3人が業務上過失致死傷罪で強制起訴され、公判中。
双葉病院、救出難航し患者ら死亡「原発事故後、病院と隣接する介護老人保健施設は孤立状態となって患者らの救出が遅れ、2011年3月中に約50人が死亡」
悪意のある見出しかつ、いかにも原発事故が原因のように見える書き方。
My comment about this (nuclear power plant explosion in Fukushima)
YahooNewsTopics 東日本大震災が起きたその後、どういうご縁なのか?福島第一原発付近の住民
「患者らの救出が遅れ、2011年3月中に約50人が死亡」「告別式は2月11日午前11時半」>この「1」ならび、東電の勝利宣言かね?>
病院と隣接する介護老人保健施設は孤立状態となって患者らの救出が遅れ、2011年3月中に約50人が死亡。
この時の患者の救出活動記事を読んだ時、亡くなった院長先生をはじめ病院スタッフは大変な思いだったんだろうと絶句した。
双葉病院、救出難航し患者ら死亡(共同通信)

この方の詳細知らないけど、事故当時は本当に大変だったと思うし、救えなかった後悔や無念さもあっただろう。
ご冥福をお祈りします。
原発事故に対する対応もそうだけど、長すぎた入院についても、事実をつまびらかにして欲しかった。
こういう記事見ると風化しつつある東日本大震災。まだまだ終わっていないと感じますね。患者さん50人死亡。辛かったでしょうね。心労&ストレスも.
リアクター、イエロー関係ですね
我々にとっては特別な感慨がある.ご冥福をお祈り申し上げる.
ご冥福をお祈りいたします→
双葉病院の鈴木市郎院長が死去 真実を知る者がまた減った。
原発事故後、双葉病院と隣接する介護老人保健施設は孤立状態となって患者らの救出が遅れ、2011年3月中に約50人が死亡している。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR