TOP > 社会 > 目をおおう米軍による性被害 沖縄の犠牲いままた - 47NEWS | This kiji is

目をおおう米軍による性被害 沖縄の犠牲いままた - 47NEWS | This kiji is

29コメント 2018-12-25 12:06  共同通信

2016年6月19日、米軍属による女性暴行殺害事件に抗議する県民大会で「安倍晋三さん。日本本土にお住まいのみなさん。今回の事件の『第二の加害者』は、あなたたちです」と訴える玉城愛さん 那覇で行われた地...

ツイッターのコメント(29)

在日朝鮮人による強姦被害について、声をあげる人権派は? 女性団体は? 日本人女性を強姦しているのは米兵だけ? 事実と向き合え!
朝鮮人の犯罪を隠すな!
米兵による数えきれないほどの性犯罪

米軍による性被害
一面的に見ればそういう部分で不都合ではあるな
「悲劇は続いている。一昨年5月、うるま市の20歳の女性が、嘉手納基地勤務の元海兵隊員・軍属に強姦のうえ殺害されたのは記憶に新しい。どこの町であれ、夜中でも安心して外出できるのが当たり前になるべき。」
ほんとこれは酷い話だ。~
沖縄だけが様々な犠牲を払ってる。海だけじゃない‼️
〈まさに無法地帯で、兵士にとって沖縄の女たちは「戦利品」だったのかと思わせる。51年に「戦後6年間の強姦事件、278件」とある。55年には6歳の少女が拉致、強姦、惨殺された〉
ISとどう違うと言うんだ。→
日本の米軍誘致が全ての犯罪を産んでいる。
より
言葉が出ない…
負担軽減のために何ができるのか、言及した政治家は橋下ただひとり。自民も公明も共産も立憲も知らぬふりさ。辺野古反対運動に参加するなら、署名を訴えるなら、何故負担を引き受ける姿勢を示さないのか?だから反対運動はポーズにしか見えないんだ。
去年から今年にかけて話題になった女性問題は、日本でも伊藤詩織さんらの告発で広がった「#MeToo」運動や前財務事務次官のセクハラである。他人ごとではなく、わがこととして考えた人も少な
目をおおいたいほど残酷な事実が沖縄の歴史にはたくさんある。それをおおってはいけない。なぜ沖縄が「米軍はもう出ていけ」というのか。日本政府に対峙するのか。その理由を知らずに国益とか言うな。
確かに海兵隊による犯罪は目に余る。日米地位協定の見直しで、まずわ沖縄県警による捜査を全面的に認めないと…
沖縄の基地との関係性を考える重要な課題
「とくに基地周辺で米兵相手に働く女性の被害は、訴えても軽くみられる傾向がある。被害者が誰であれ、性犯罪であることに変わりはない。」
< 広瀬隆一氏と被る・・・
おいおいおいおい!
誰が加害者やって⁈
お前なんか知らんし!
訴えるぞコラ‼️
沖縄の犠牲いままた。 辺野古に新基地建設が持ちあがったのは、1995年9月、米兵3人が小学生を拉致、強姦した事件が発端である。
そもそも辺野古に新基地建設が持ちあがったのは、1995年9月、米兵3人が小学生を拉致、強姦した事件が発端である。これに抗議して10月21日、県民総決起大会が開かれ8万5千人が参加した
〈目をおおいたくなるのは、45年4月に米軍が沖縄本島に上陸後、50年代までの強姦事件の多さ。まさに無法地帯で、兵士にとって沖縄の女たちは「戦利品」だったのかと思わせる。〉
「45年4月に米軍が沖縄本島に上陸後、50年代までの強姦事件の多さ。まさに無法地帯で、兵士にとって沖縄の女たちは『戦利品』だったのかと思わせる。51年に『戦後6年間の強姦事件、278件』とある」
沖縄に住んでるのだから仕方がない…
沖縄に住んでないから見て見ぬ振り…
僕らはそんな事でいいのだろうか?
沖縄女性は、米兵も戦利品?

>45年4月に米軍が沖縄本島に上陸後、50年代までの強姦事件の多さ。まさに無法地帯で、兵士にとって沖縄の女たちは「戦利品」だったのかと思わせる。51年に「戦後6年間の強姦事件、278件」とある。55年には6歳の少女が拉致、強姦、惨殺
"とくに基地周辺で米兵相手に働く女性の被害は、訴えても軽くみられる傾向がある。被害者が誰であれ、性犯罪であることに変わりはない。とかく、少女が被害者の場合、その無垢さが強調され、抗議行動を盛り上げる要素にもなるが、誰に対してもひどい人権侵害である"
"目をおおいたくなるのは45年4月に米軍が沖縄本島に上陸後、50年代までの強姦事件の多さ。まさに無法地帯で兵士にとって沖縄の女たちは「戦利品」だったのかと思わせる。51年に「戦後6年間の強姦事件、278件」とある。55年には6歳の少女が拉致強姦惨殺された。"
在日コリアンの性犯罪と比べて如何なんかな?
米軍は娼婦を連れてくればいいのに。
なんか中国人か朝鮮人みたいだわ
「とくに基地周辺で米兵相手に働く女性の被害は、訴えても軽くみられる傾向がある」。ああ……/
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR