TOP > ニュース総合 > 共同通信 47NEWS > 認知症の45%、...

認知症の45%、入院時身体拘束 一般病院、研究チーム全国調査 - 共同通信 | This kiji is

13コメント 登録日時:2018-11-18 17:06 | 共同通信 47NEWSキャッシュ

 認知症の人が病気やけがの治療で一般の病院に入院した際に、45%の人が自由に体を動かせないようにされる「身体拘束」を受けていたことが18日、国立がん研究センターと東京都医学総合研究所の研究チームによる全国調査で分かった。 転倒などのリスク......

Twitterのコメント(13)

これに反響があることが驚き。
認知症はもう理屈や説明の通じる相手ではないので、物理的に無理なようにしないと転倒や勝手に機械を触るなどの事故になる。
転倒で文句言う家族側にこそ問題がある。事故を防ぐためには行動を制限するか、マンツーマンで管理するしかない。
「身体機能の低下など、拘束のデメリットを検討し不必要な拘束を減らす取り組みが必要」だって言うんならら訴訟リスクを回避する身体拘束の代替策を具体的に提示しろよ。これじゃ、素人のボクの考えた最良の介護っていうのと変わんねえじゃん。
難しい問題です
できるだけ拘束を避けたい。24時間側にはいられない。
この前は訪室しステーションに戻ったすぐ後に「点滴抜いてるよ」と。
難しい問題です
この前、熊本で認知症患者が転倒して、病院が損害賠償払う判決出てたやん。そんな判決出たら、拘束するしかないやろ。。。
「家に帰る」「家族に電話して」は認知症あるあるですが徘徊を尾行して適度な頃合いで病院や施設に連れて戻る追跡サービスと家族になりきって24時間電話に対応するコールセンターとかどうでしょう
患者の人権問題はあるものの、認知症患者を受け入れる病院が抱えるリスクも考えていかなければならない。
24時間その患者一人の為に見張りを付けておけるわけでもなく、患者家族の協力もない。
経験上、確かにあった。特に老人専門病院を見て、このままここにいたら母親は死んでしまうと思い、急いで介護施設に移した。今利用している施設はとても良い所で、瀕死だった母親は4年間元気に過ごしてきた。
過剰とは思わんけど・・・
認知症患者じゃなく一般の治療で暴れて点滴をはずすからという理由でウチのオヤジは拘束されおかしくなった感じだった。気づいたら拘束されていたらしい。そりゃ頭もおかしくなる。身体拘束って患者の為?看護士の為?→ 認知症患者45%が身体拘束
そうは言っても身体拘束しないと危ない人もいるからね。

| 2018/11/18 - 共同通信
以上

記事本文: 認知症の45%、入院時身体拘束 一般病院、研究チーム全国調査 - 共同通信 | This kiji is

関連記事