TOP > 社会 > 1001体、26年ぶり集合 京都・三十三間堂の千手観音立像 | 共同通信 - This kiji is

1001体、26年ぶり集合 京都・三十三間堂の千手観音立像 | 共同通信 - This kiji is

11コメント 2018-10-05 06:17  共同通信

26年ぶりに三十三間堂で勢ぞろいした1001体の「木造千手観音立像」=京都市東山区 京都市東山区の三十三間堂で、1001体の「木造千手観音立像」が26年ぶりに勢ぞろいしている。普段は東京、京都、奈良の...

ツイッターのコメント(11)

「京都市東山区の三十三間堂で、1001体の「木造千手観音立像」が26年ぶりに勢ぞろいしている。普段は東京、京都、奈良の国立博物館へ寄託されている計5体が最近戻り、一堂に会するのは1992年の法要以来。」
11月末までに京都行けるかなー?三十三間堂に勢ぞろいが観たいよー
オタクイベントの記念撮影感💃
ところで三十三間堂の千手観音立像が全員揃ってるの見てきたんすよ…ほんとすごかったから京都国立博物館に刀を見に来たらお向かいだし軽率に行ってほしい。マジで。期間限定っぽいし。

- This kiji is
※写真見るとマイケルジャクソンのスリラーみたいだ。
昔修学旅行で行ってから好きなんだよなここ。
しかしそんなに出張(笑)多いんだ。
蓮華王院の1001体完全状態を見ることが、私の夢でした。3つの国立博物館寄託3体も戻られます。私は見ることが叶いませんが(泣)、11月末まで多くの皆様がよい仏縁が結ばれますように。 26年ぶり集合
ほぉー、ちょっときになる。
よくそんだけ作ったなと
共同通信10/5 :京都市東山区の三十三間堂で、1001体の「木造千手観音立像」が26年ぶりに勢ぞろいしている。普段は東京、京都、奈良の国立博物館へ寄託されている計5体が最近戻り、一堂に会するのは1992年の法要以来。→
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR