TOP > エンタメ > 「他のキャラはどうでもいい、スパイダーマンだけ獲って来い」 ─ 米ソニー、かつてマーベル・ヒーローの映画化権を蹴っていた | THE RIVER

「他のキャラはどうでもいい、スパイダーマンだけ獲って来い」 ─ 米ソニー、かつてマーベル・ヒーローの映画化権を蹴っていた | THE RIVER

10コメント 登録日時:2019-08-21 08:19 | THE RIVERキャッシュ

なんて皮肉な...

ツイッターのコメント(10)

ほらな?
どんだけソニーがスパイダーマン潰して来たと思ってんだ?後はヴェノムと組ませるくらいしかねえぞ?
約半年前の記事だけど。
1000万$で権利を売り、興行収入の5%、グッズ収入の50%得ておきながら興行収入からも50%は流石に業突く張りじゃないですかねェ
話題になっているけど、これも有名な話
正確には映画化権利だった
でもソニーが全ての権利を買ってたら、MCUもできなかったんだから結果的にはよい決断だったと言える気がする
やっぱりソニーが食い意地張ってるだけやないか〜い!
| THE RIVER
「他のキャラはどうでもいいスパイダーマンだけ獲って来い」米ソニーかつてマーベルヒーローの映画化権を蹴っていた
SONYさんは最初に判断見誤ったのかな🥺でもMCUが手掛けたからこそ面白いのであってSONYだったら違ってたかもだし…とりあえずどうか穏便に済ませて欲しいな😢
大元を辿るとソニーのビジネスセンスがクソ過ぎってだけやんけ!!!
"「2軍」のキャラクター アイアンマン、ソー、アントマン、そしてブラックパンサーも含めた、数々のヒーローたちの映画化権":
スパイダーマンの件、むしろディズニーが「MCUという莫大なリソースを投じていながら売上の5%しか取れていなかった」事の方が驚きなんだけど、この契約条件はディズニー買収前から変わってなかった可能性あるのね。
以上

記事本文: 「他のキャラはどうでもいい、スパイダーマンだけ獲って来い」 ─ 米ソニー、かつてマーベル・ヒーローの映画化権を蹴っていた | THE RIVER

いま話題の記事