『ブレードランナー』新作アニメ「ブレードランナー:ブラック・ロータス」米予告編が公開 ─ 監督は神山健治&荒牧伸志、渡辺信一郎も参加 | THE RIVER

16コメント 2021-07-25 16:40 THE RIVER

ツイッターのコメント(16)

これアメリカだと今秋らしいけどサブタイトルは偶然の一致なんかな
ネオカミガワが話題だけどスチームパンクの金字塔ブレードランナーの新作アニメのタイトルが『ブラック・ロータス』なんですよね。
そてこれは??
ブレードランナー・ブラックロータス?
「ブレードランナー:ブラック・ロータス」米予告編公開 ─


2032年、謎の目的のために作られたレプリカント、“ブラック・ロータス” エル

ネクサス9の試作品?
2028年、ウォレスが旧タイレル社の資産入手
2036年、ネクサス9披露
少なくとも街なかの日本語の看板は可笑しなものにはならないと思われる。
「 ─ 監督は神山健治&荒牧伸志、渡辺信一郎も参加」
「ブレードランナー」好きとしては、耐えられないものが…。ナニコレ?
攻殻機動隊と言われたら信じて見ちゃいそうだ。
物語の舞台は『ブレードランナー 2049』の17年前、2032年のロサンゼルス
ブレードランナーのアニメから企画の話マジだったんか〜。個人的には2022の作風を受け継いでやってくんだと思ってたから、3Dアニメとは意外だった。予告見た感じ、楽しみなんだけど、やっぱりフィルムノアール的な雰囲気が魅力の作品だからそこが若干薄く見える〜。
「ブレードランナー:ブラック・ロータス」米予告編が公開 ─
「『ブレードランナー』および続編映画『ブレードランナー 2049』(2017)の世界観を継承

舞台は『ブレードランナー 2049』の17年前、2032年のロサンゼルス。」
ブレードランナー:ブラック・ロータスという
アニメが公開されるのか
おお!これは観たいぞ!どの配信で観られんだろ? →
気になる。気になるぞ!
おお、こんなものが。神山健治&荒牧伸志、攻殻機動隊よりもちょっと人間の表現が向上したかな。  | THE RIVER
セルルックCGでやるか、実写でやって欲しかったな。このヘタクソな3DCGは駄目だ。そして日本刀はやめてくれ!
キャラのCGはネトフリの『ULTRAMAN』や『攻殻機動隊SAC_2045』辺りのクオリティか。お話の方に期待かな。
以上
 
PR
PR