TOP > その他のニュース > THE PAGE > かつては食用、貴...

かつては食用、貴重なタンパク源だった 巨大カタツムリと巨大タニシのいま | THE PAGE(ザ・ページ)

65コメント 登録日時:2017-03-06 19:40 | THE PAGEキャッシュ

 沖縄に行かれたことのある読者なら、とても大きなカタツムリが島に生息しているのを目撃したことがあるのではないでしょうか? 本土で身近に見かけるカタツムリと違って、紡錘型の巻貝を背負っており、殻の大きさ......

Twitterのコメント(65)

| THE PAGE
外来種増えたな〜。じゃぁ別の外来種で駆除してもらおう!って考えが安直すぎるだろ
高知でもときどき異様に巨大なカタツムリを見た記憶があるけどあれは何だったのだろう
沖縄、本当にたくさんいるんですよー⇒
一時期食用として移入したカタツムリ・巻き貝の寄生虫注意情報 :
この 手のシリーズ化してほすい。食用に導入されてその後食べられなくなったのは他にもたくさんいるからね。アメリカザリガニみたいな食用にするウシガエルのエサとして連れてこられたレベルのも
身勝手な業者と愛好家が外来種を増やし生態系を壊した💢今以上に厳しい罰則を設けないといけないのではないか⁉
…経口摂取が感染経路だから個人的だったら手をしっかり洗うので普通に触ります。
寄生虫対策しないと普通に食用に戻すのはキツイな -
(トホホ)食糧が不足する時代に、効率的に増殖できるタンパク源として期待され、人の手によって導入が繰り返されてきた生物であり、どちらも飽食の時代到来とともに、お役御免の有害外来生物と化しました / “かつては食用、貴重なタンパク源…”
加熱処理だけではなく、外来種がいかに危険かについても認識をする必要はある。
【 】 広東住血吸虫を媒介するって判ってたら決して食用にしようなんて思わなかっただろうにね
WTOでは、有害な外来生物であっても国内で生息分布している生物種を検疫対象にすることは非関税障壁に該当し協定違反となるのか。
寄生虫でも見つかったからかと思ったら違うのか
〉〉
寄生虫が怖いわ/
ジャンボタニシの輸入再開とか狂気だな
「寄生虫は中枢神経に移動して、脳内にまで到達する場合があります。」というのが怖い。
もう食べて駆除ってわけにもいかないしね。
食用として導入された巨大カタツムリが有害動物に
知らなかったが、ジャンボタニシって輸入禁止になってないんだ。
人の勝手の一例。ちなみに、ジャンボタニシは臭い。味そのものは普通より下。調理次第で普通に食べれるが、そこまでする価値は無い。
スクミリンゴガイやばいね、大型の外来蛙も被害大きいし
件のアフリカマイマイの件。他の生物の写真ありますので苦手な方,注意→
注目は3頁。やつらの寄生虫はマヂで怖いぞ!
>>>
変な話だなぁ
あー!子供のころまいまいかぶりってカタツムリの事言ってたw >
頭おかしい敵国人のころせ馬鹿とかが、個体数調節してた日本人の食生活を欧州に泣きついて、動物保護... -  巨大カタツムリと巨大タニシのいま(T...
『例え外来生物でも、国内に蔓延している状態ならば、その外来生物を検疫対象とすることは原則「国際協定違反」とみなされる』

外来生物を追い出すのは難しいんですね。
このまま人口が増えたらこういうのも食べるようになるんだろうな〜 肉は食べないけどこんなのも食べたくないな〜
草魚やブラックバスなどももともと食用だったはず。こういう例はもっとあるのかもね。
「在来種」とか「固有種」の定義ってどう線引きしているのかな?
昔に伝来した種もあるし。
沖縄で見たなあ。やっぱり寄生虫がいるんだな。しかもやばいやつ
陸貝は特に広東住血線虫が怖いですね.蛋白源として移入された生き物なんですけどね.
どんどん食べればいい。汚れた海の貝より、よほど上等と思われる。
アフリカマイマイって食べられたんだ。 /
もう何が何だか。>>>
アフリカマイマイ父島で初めて見た時はビックリしました! そうだったのか…
コントロールできると思った人間の傲慢さの犠牲者だな。ウシガエルやその餌のアメリカザリガニも…
ジャーンボータニシがよー♪ ぎゃーっ
昔母校の生理学教室でアフリカマイマイの神経細胞の研究が行われていたが、随分やばかったのかも。
★(軽薄そうなタイトルとは逆に)事例を絞って複雑な事情が説明されている良記事
知らなかったことをいろいろ知った.
。外来種は見かけたら駆除しましょう!
20センチ…((゚□゚;))
アメリカザリガニとかウシガエルとか。
食用ではないけれどカダヤシ。
アフリカマイマイは子供の頃よく見かけたなあ・・・いつの間にか駆逐されかけてたのか・・・
種の絶滅は大事な問題だと思う。だけれどこの記事は愉しい!
食用として導入された巨大カタツムリが有害動物に
ニューギニアヤリガタリクウズムシマジ怖い→
巨大カタツムリ🐌 は台北にもいた。子供たちに絶対に触っちゃダメとお母さんたちが言ってた。
こらぁ!先ず最初に閲覧注意促せ!ドキッとして一瞬スワイプ躊躇したぞ。あとは寄生虫のくだりは最初に語ってくれ。>
ウチのラムズは最終的にどうしたら良いのだ?
「肉食のプラナリア」
プラナリアと聞くと生物の実験のイメージしかないけど、色々いる模様
沖縄のガマの入口にいっぱい落ちている貝殻の正体はこいつだったのか。。。
こういった生物を食したい(栄養価が高そうだから)
ジャンボタニシ、日本に入ってきて3年で有害生物指定…ってか寄生虫怖い
生で食うのはどっちもNGだわな。
エスカルゴみたいにガーリックバターで炒めれば美味しくなるかな?
見た目があれならミンチにするとか。
これも人間が引き起こした環境破壊か。
巨大タニシは昔叔父が養殖の仕事をして、食べたこともあるけど(汗)。
/
アフリカマイマイとジャンボタニシか。
今や農業害虫か。
勝手といえば勝手だけど、いま有害なら駆除してしまわないと……ところで美味しいのかね、こいつらは?
沖縄はマングースの件もあるよね。外来種のほとんどが人間の勝手な行動で起こったこと責任必要
マイマイが…
アフリカマイマイもスクミリンゴガイも、食糧が不足する時代に、効率的に増殖できるタンパク源として期待され、人の手によって導入が繰り返されてきた生物であり、どちらも飽食の時代到来とともに、お役御免の有害外来生物と化しました。
PAGE)👻👾🗿地球生物、タフネス。人間ホーントーにチャラい存在。
以上

記事本文: かつては食用、貴重なタンパク源だった 巨大カタツムリと巨大タニシのいま | THE PAGE(ザ・ページ)

関連記事