TOP > IT・テクノロジー > IVS 2020 Onlineのピッチコンペティション「LaunchPad」は、検査・検品AIのアダコテックが優勝 #ivs2020 – BRIDGE(ブリッジ)

IVS 2020 Onlineのピッチコンペティション「LaunchPad」は、検査・検品AIのアダコテックが優勝 #ivs2020 – BRIDGE(ブリッジ)

11コメント 2020-07-31 20:07 | THE BRIDGEキャッシュ

ツイッターのコメント(11)

弊所代表の元榮も審査員を務めた、 LaunchPad 2020。過去最高レベルの激戦を勝ち抜いて優勝したのは、産総研の特許技術を用いて製造業向けの異常検出AIを開発・提供する株式会社アダコテック!
誠におめでとうございます!!
宮崎発のAGRISTさんが3位に!
めでたい🎉

– BRIDGE(ブリッジ)
IVS優勝はアダコテック!ICCに続き優勝。どの登壇者もすごく良かった。最年長登壇者も応援したくなる愛嬌があった
これからを見越して深層心理を活用するために、朝見るサイトを増やしました✨資本調達関連勉強になります。
投資先のLuupが二位とROXX賞を受賞したようです!惜しいけど、おめでたい!!!これからが本番なので、どんどん今回登壇していらっしゃった企業共々社会実装すすめていきましょ!!ピッチみなさまお疲れさまでした。@DAIKIOKAI もおつかれい!!
IVS LaunchPadの結果、1~5位のうち4社がレガシー産業効率化に取り組むスタートアップ。人口減少で生産性向上が急務の日本には必須のテーマなので、今後もガシガシ成長していただきたいですね!
1位:製造業
2位:MaaS
3位:農業
4位:製造業
5位:漁業
アダコテックが優勝!!

残念ながらですが、こと日本においては製造業は他の産業に比べて規模が違います。ゆえに外からは一見分かりにくくニッチに見えるサービスもユニコーン候補。

検査検品AI、難度高いですが、これは間違いなく行くと思います。
おめでとうございます!:
これすごいな

>一般的なディープラーニングでは、異常検知のために正常品と異常品の両方を教師データとするのが一般的であるのに対し、アダコテックのソフトウェアでは正常品のみを教師データとして、正常を逸脱したものを異常として網羅的に検出する。
Onlineのピッチコンペティション「LaunchPad」は、検査・検品のアダコテックが優勝
以上
 

いま話題のニュース

PR