TOP > IT・テクノロジー > 超人気商品を"半値以下で提供"の恐怖ーーAmazonのコピー戦略を紐解く「3つの視点」 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

超人気商品を"半値以下で提供"の恐怖ーーAmazonのコピー戦略を紐解く「3つの視点」 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

60コメント 登録日時:2019-09-22 09:27 | THE BRIDGEキャッシュ

ピックアップ: Facebook may copy your app, but Amazon will copy your shoe ニュースサマリー: 9月19日、Amazonが自社シューズ特化のプライベートブランド(以下PB)「206 Collective」にて、人気シューズメーカー「Allbirds」の商品...

Twitterのコメント(60)

意味の重要度が増している。
商品やサービスが便益だけだと真似されてしまうし、プラットフォーマーにいずれ淘汰されてしまう。Amazonの電池は便益があるから売れている。
物事に意味を持たせるのはリーダーの重要な仕事でもある。
動画コンテンツも「訴訟されたら戦えばor賠償金払えば良い」の姿勢で、人の人生を消費していくのではないかな。全裸監督とかそう感じた。
この話よりも、大手小売りチェーンがPB(例えば唐揚げ)を開発するとなって、都内のいけてる唐揚げを全部試食して新商品開発する話の方がなんか怖い。
うお。誰かがやると思ったがAmazon..

Amazonが自社シューズ特化のプライベートブランド(以下PB)「206 Collective」にて、人気シューズメーカー「Allbirds」の商品に限りなく似せたと思われるシューズを発表したと報じられた。
まあできるよね。「各市場領域で生き残った先行スタートアップを参考にしながらキャッチアップすることで効率的にユーザー体験を最低限担保されたサービスを乱立させる戦略」。◆ 超人気商品を「半値以下で提供」の恐怖-Amazonのコピー戦略を紐解く「3つの視点」| BRIDGE
包み込みの戦略ですね
Basics とかいうものがいわゆるプライベートブランドということなのだろうか。とはいえ、最近 Amazon で買い物していないんだよな、、。
シリーズA以降の起業家たちは「GAFAが真似したらどうするの?」という質問に明確に答える必要性が高まりつつある
昔から乾電池とかを早々にPBで作ってなかったっけ?
アマゾンえぐいな〜
それでもAmazonベーシックとか、中華製のキャンプギアとか買ってる自分も戦犯かもしれない。。
Amazon、超人気商品をPB商品でコピーして“半額以上“で提供

Amazonマーケットプレイスの検索データ・取引データから、ニーズを汲み取り、大量の生産で低価格を実現

D2Cスタートアップは、代替されないブランドの世界観、ストーリー性がより問われるなぁ
訴訟前提の開発、、、
なんだか、節操がない、というか想定内
えげつねぇ・・・
Amazonが出店者の商品を半額でコピー販売するとか、クソすぎでしょ。
しかも訴訟費用折り込み済みでやるとか。顧客志向が暴走してる。
"最後は訴訟前提の事業拡大。Amazonの巨額資本を元に、コピー元メーカーから訴訟をされたとしても対抗できるリソースを割きます。" /
Allbirds、めちゃ欲しいのに日本未販売だから高くて買えないんですよね、Amazon版でもいいから履いてみたい
このスニーカーを知ったのは、「Amazonがコピー品を出した」と
話題になっていたから。
Amazonが模倣品売るほど人気商品という事で逆に気になったんだけど(つづく
GAFAが真似したらどうするの?の質問の回答、まじつらいな、、、/
レビューをただの良し悪しのデータとしてだけではなく、製品の開発に生かすとかAmazonは隅々までデータを使い尽くしている。 /
色々考えさせられました。

ユニクロ、アマゾン、便利さ、安さ、手軽さ。

引き換えに、文化が飲み込まれていく。

いつの時代もそうなんでしょうね。

大好きな鞄を作ってくれる職人は、いつまで仕事してくれるのかな。。
きったねぇな!😕
でも私個人ではそういうものは買っていないつもりでも、会社のケチな購買課は選んで買ってそう。
欲しいものを具体的に示せってんで、事細かに資料付けたのに、まともに使えないものに変わってたぐらいだからな…☹️
中国よりもこっちのほうがよほどコワイ。
逆にロイヤルカスタマーのロイヤルティは更に上がるので、世間で言われているほどAllbirdsの業績には全く問題ないどころか、むしろプラスに働くと思います。人の倫理感を侮ってはならない。>
(知的財産権を全部やめちゃえば)巨額資本を元に、コピー元メーカーから訴訟をされたとしても対抗できるリソースを割きます。徹底的に対抗することで、訴訟費用以上の利益確保を狙う / “ -…”
D2C企業の敵は大企業なのか。

いや確かに、amazonのように類似商品を
格安で販売してくるが大切なのは
顧客満足度だと思う。

金額や製品の品質だけで無く
商品のストーリー性や、
顧客コミュニケーションを大切にしたい。
ベンチャー企業が上手くいってたらその方向にシフトするのは当たり前

「アイデアをパクった巨大企業は悪や」って声もあるけど基本的に世の中アイデアのパクりあい

巨大企業がそれを安く広く市場に出すから皆んな喜ぶ

だからビジネスって勝負やねんって
»

Amazonを使う代価としては大きな。
ちょうど昨日新しいスニーカーが欲しくなって探してたらオールバーズに行き当たってたとこ。Amazonの方でもいいかもな。日本で買えるのはいつかなあ /
Amazonが本気で手を出してきたらどこも勝てないみたいな状態、ZOZOだってAmazonが同じもの再現できない訳ないしなぁ。
◾️AmazonのPB展開戦略
①ビッグデータによる顧客ニーズの把握
②規模の経済による低価格実現
③訴訟前提、訴訟費用以上の利益確保
>このように市場トップの座に立つGAFA勢が後続を許さない、もしくは買収するほどでもないが自社事業拡大に繋がるサービス・商品を展開する戦略が一般的になりつつあります。
Amazon恐ろしや… /
圧倒的資金を持つ企業の恐ろしさ。お金がある企業ができる王道の戦略。
訴訟前提でそれ以上に儲ければ勝ちって戦略、えげつなさ過ぎませんかね
究極のビックデータ活用… /
クソ会社ここに極まれりって感じだなぁ。企業として恥ずかしくないのか?
最近Amazonでは「本物」を探しずらくなったなぁ、と思ってたが、理由はこれか(´・_・`)

「Amazonがあらゆる取引データを分析し、売れ筋商品を真似たPBを立ち上げる手法は2、3年前から急速な広がりを見せている。本件も同様の流れから商品化に至ったと見られる。」
訴訟前提の戦略ってすごいな。さすが米国(国際的には常識?)
賠償金取って共存できるならいいけど司法判断気になる
「GAFAが真似したらどうするの?」 /
ビッグデータ持ってるってホント素晴らしい。

EC事業者からしたら最悪だけど。
訴訟前提での市場拡大戦略ってすごいな
資本の論理っていうのも納得できないが…極度の資本主義⬇︎
これでZOZOはきつくなったんちゃうの??
amazonなら大丈夫なのか
訴訟有りきの成長戦略。
Amazon恐ろしや。ハイブランドと違い、ブランド的価値よりプロダクトそのものが評価されてるメーカーはコピーされやすいな…。
「UberやAirbnbが大型資金調達を繰り返していた際の戦略は、市区町村から法律違反を指摘されたり、自社プラットフォーム上で訴訟問題が発生しても対応できる盤石な資金を調達し、訴訟前提での成長を作ることでした。」あーやっぱそんな感じか
"Amazonがあらゆる取引データを分析し、売れ筋商品を真似たPBを立ち上げる手法は2、3年前から急速な広がりを見せている。"

個人的には賛成だな✨高級ブランドのコピーをして欲しいところだけど(T . T)
🔽


Amazonほどデータを大量保持していればコピーを作るのも容易ですよね。とはいえ「倫理的」な部分では批判を浴びるのもしかたなさそう😔
市場の厳しさは増すばかり。

"特にユニットエコノミクスが見えたシリーズA以降の起業家たちは「GAFAが真似したらどうするの?」という質問に明確に答える必要性が高まりつつあるので注意すべき動きでしょう。"
“ソフトフェア領域ではFacebookが、ハードウェア領域ではAmazonがコピー量産機になっている印象が否めません。”
「唯一の違いは値段。Allbirds製が95ドルである一方、Amazonは45ドルからの展開となっており半値以下で販売」
vs Allbirdsの一件を簡単にまとめました👞

超人気商品を"半値以下で提供"の恐怖ーーAmazonのコピー戦略を紐解く「3つの視点」
AmazonがFacebookのソフトウェア領域におけるコピー戦略をハードウェア領域で行なっている話

Amazonが自社シューズ特化のプライベートブランド「206 Collective」にて、人気シューズメーカー「Allbirds」の商品に限りなく似せたと思われるシューズを発表したと報じられた。
出店企業側のセラーと、Amazon仕入れのバイイングを競合させる手法が、次はPBをつくってそれをやっているということですね。先日、Amazon内検索のアルゴリズム変更を否定していましたが、「顧...
予想通りというか。ただでさえ、Value poropositon強いAllbirdsを安価でコピーとは。アマゾンにオフィシャルには載せないD2Cブランド故にカニバリもないとの整理。
なるほどなー。

> 1つはビックデータ。Amazonマーケットプレイスで「Allbirds」と検索すると大量のコピー商品が結果表示されます。これは市場がAllbirdsの安価商品を望んでいる証拠でもあります。
これはきつい。コンシューマー toC のビジネスはGAFAへの買収 or 駆逐されるという運命が待っている
「Amazonがあらゆる取引データを分析し、売れ筋商品を真似たPBを立ち上げる手法は2、3年前から急速な広がりを見せている。」
Amazonにコピーされたら結構キツいね。。 /
以上

記事本文: 超人気商品を"半値以下で提供"の恐怖ーーAmazonのコピー戦略を紐解く「3つの視点」 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

関連記事