TOP > IT・テクノロジー > Airbnb「住宅市場参入」の衝撃ーーデータドリブンな〝証券化〟住宅が建ち並ぶ未来とは - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

Airbnb「住宅市場参入」の衝撃ーーデータドリブンな〝証券化〟住宅が建ち並ぶ未来とは - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

38コメント 登録日時:2018-12-18 08:42 | THE BRIDGEキャッシュ

ピックアップ:Exclusive: Airbnb will start designing houses in 2019 ニュースサマリー:民泊サービス「Airbnb」の未来部門(フィーチャーディビジョン)「Samara」が住宅建設プロジェクト「Backyard」を2018年11月末に発表した。 同プロジェクトが目指すのはシェアリング時代に最適な住...

Twitterのコメント(38)

マイホームにイノベーションが起きて欲しい。今の昨今、30年ローンは厳しい。早く返済できるなら頑張れると思う。
データを持つからこそ展開できるビジネス。どうやってデータを取得し、蓄積し、利活用するか。それらが競争力の源泉になってきました▶
これは驚異と見るべきなのか?この先が気になる。
AirbnbがREITのようや仕組みを作れるのではという示唆。確かに、Uberが融資サービスを開始したようにデータが集まるプラットフォーム企業は金融ビジネスと相性が良い。
|
住宅の新ビジネスモデル。これがセーフティーネットとして機能するケースも出てきそう。とはいえ、そうではない使われ方もされそうだなあ…。様子見。(→)
つまりー民泊で人気になりそうな場所に民泊併用の家を建てると500万円くらい資金補助してくれる。その500万円はファンドにするよ、という仕組み。面白いかも。
既存の金融機関は絶対やらないから面白い。クラファンでお金集めて築古の戸建てを買ってリフォームする、みたいなのなら既にあるか
つよ。ソフトからハードへ /
fintech 企業に変貌。
これは目から鱗 /
Airbnb「住宅市場参入」の衝撃ーーデータドリブンな〝証券化〟住宅が建ち並ぶ未来と&
銀行の聖域だった住宅ローン市場を崩せるか/
Airbnbというか「Loftium」についてかな。面白かった! /
Airbnb のただのCtoCにとどまらない態度好き

> 未来志向を軸に、地域コミュニティを発展、環境への配慮、スマートホームの位置付けにおいて最先端な住宅開発を目指す。
これは本当にすごい。あらゆる個人資産は証券化できるはずだし、証券化することを前提に高いアセットを購入させて運用させるのはありですよね。

個人住宅以外でも、オフィスとか高級車とか、時計とか、もしくは従業員とか、色んなものはシェアすればもっと面白くなる。
よく構造がわかってないけど、都合のいいことが書いてある気がするけど、どこに落とし穴があるかを考えながら再読する。利用できそうなら利用する。
不動産領域は大きな取引を少ないトランザクションでさばくことになるからスケールしやすく、セキュリティトークンとも相性がいい領域かなと思います。
不動産の証券化、流動化は必ず来る流れだと思っていたが、Airbnbが来たか……
不動産開発の絶対条件として資本の勝負であって、IT企業で成功すると資本が増え、大規模な土地や建物の所有が可能になる。土地と言うハード面を持つ=ソフト含めた全方位に事業領域を広げる可能性を持てると言うこと。
<Airbnb「住宅市場参入」の衝撃
これはおもしろいな。「都市の最適化」という真の意味でのスマートシティに向けたアプローチ。 /
巨大な末端サービスがインフラを塗り替える一例。自動運転が道路インフラを最適化したものに塗り替えていく未来と一緒。 /
別に衝撃ではないような /
かぼちゃの馬車のスキームよりはましな印象だけど、どこかに落とし穴がありそうな気が・・・

日本の不動産業者が部屋単位の住宅証券サービスを提供してみると、非常に面白い取り組みになるかも/
ついにAirbnbもオリジナルコンテンツ(住宅)作成に動き出した。
中央集権的な巨大プラットフォーマーがデータを活用してオリジナルコンテンツを作る流れは不可逆。
エアビの打ち手は面白いし注目しておきたい。
膨大なデータを活用し、お互いにwin-winを築く民泊の新しい形 / BRIDGE - Airbnb「住宅市場参入」の衝撃ーーデータドリブンな〝証券化〟住宅が建ち並ぶ未来とは
「証券化」トレンド入り Airbnbが住宅市場参入 シェアリング特化「証券化住宅」が建ち並ぶ未来
住宅をシェアする前提で証券化しそれらのデータも活用・連携させ、ごっそり取る。うまい
シェアされることを前提に家をデザインして、証券化もやる。設計の裏付けはデータ。
厚すぎる水平統合。
これは衝撃のビジネスモデル。住宅購入希望者に頭金約5万ドルを提供します。これは住宅ローンではなく、借入金ではないため返済義務は発生しません。
なるほど証券化か。
これはたしかに面白い展開になるかも
部屋単位で証券化される「民泊時代の住宅証券」
エアビーが蓄積されたデータを元に民泊時代の証券住宅を展開。面白そう
👉
今や500万戸以上の住宅をネットワークに持つAirbnbのデータを活用すれば、通常の住宅よりはるかに利回りの良い「シェアリング特化住宅」を次々と建てることができる
データーにより利回りがわかる物件って証券化され海外に販売される可能性が高い。
これは日本国内の太陽光発電で起こったこと、証券化され中国の銀行がかなり所有している。
この証券化ってかなり曲者で興味のある人は「マネーショート」って映画見てみるといい。
おもしろかった:
以上

記事本文: Airbnb「住宅市場参入」の衝撃ーーデータドリブンな〝証券化〟住宅が建ち並ぶ未来とは - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

関連記事