TOP > IT・テクノロジー > THE BRIDGE > 定額で世界中が住...

定額で世界中が住み放題になる「HafH(ハフ)」が公開、長崎での1号物件サービス開始に向けたクラウドファンディングに成功 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

26コメント 登録日時:2018-11-26 07:34 | THE BRIDGEキャッシュ

東京に拠点を置くスタートアップ KabuK Style は先週、毎月定額で世界中の物件が住み放題になるサービス「HafH(ハフ)」の開始に向け、Makuake でクラウドファンディングを開始。200万円の目標額に対し3日間で500万円以上を集め話題となっている。HafH は来年1月、日本の長崎からサービスを開始し、対...

Twitterのコメント(26)

これいい!!
RoamなどCo-livingスペースも経験しましたが、個人的には結構あり、でした。こちらも試してみたい。→
これは広く普及して欲しい!/
@diceK_sawayama 空き家でweworkがやってるWeLiveとか下のURLのHafHみたいなのできないかなーと思いました!

ポータブルは流石に今世紀では無理じゃないすか?笑笑
なんでも定額だな。サブスクリプションすげー
全世界を旅しながら働きいろんな人と生きるめっちゃ面白そう。子育て世帯向けのプラットフォームあれば家族でやってみたい。
ちょっとLifullのliving anywhereぽい。でも実現に向かってそう。
"住所不定"がポジティブなイメージとして捉えられる時代がくるかもしれないですね。
先週はじまったプロジェクト。3日で500万円以上を集め早速話題です。
/
「HafH(ハフ)」が公開、長崎での1号物件サービス開始に向けたクラウドファンディングに成功 200万円の目標額に対し3日間で500万円以上を集め話題となっている。HafH は来年1月、日本の長崎からサービスを開始し、対象物件を世界中へと順次広げていく。
将来は旅しながら、物書きする自由人でいたいと思ってて、これ魅力。
こういうところに住んでみたい 海外事務所にもぴったり
世界を旅しながら生活する「Co-living」という領域があるんですね。職場だけでなく住まいもノマド化できる時代。
これ面白いね。海外出張が多いサラリーマンとかバックパッカーとかの方々には嬉しいサービスだと思う!
増えてきたなあ

【定額で世界中が住み放題になる「HafH(ハフ)」が公開、長崎での1号物件サービス開始に向けたクラウドファンディングに成功】
こういうの利用したい→
Co-livingという領域があるのか。知らなかった。
うまくいって不動産賃貸業界のディスラプターになってほしい。礼金とかまじで意味わからんよ。
物件手配ができるのはどこなんだろ。
» - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)
ホステルパスもだけど、これも素敵!「住む」が滑らかになっていくし、こういうのを利用していけるような滑らかな生活送りたい💐
見てる:
ほえほえ。
色々気になる。個人はその都度合わせて住む場所を変える。所有ではなくなるるのかな。
でも結局不動産所有者が強い流れは変わらない。
契約形態と費用がきになるけど、面白いなー!🤔
東京に拠点を置く KabuK Style が、毎月定額で世界中の物件が住み放題になるサービス「HafH(ハフ)」提供へ。HafH(Home away from Home)は、毎月定額で住み放題。光熱費、ネット費用、敷金、礼金、保証金などは不要。利便性を求めて世界を旅し、仕事をしながら生活できる
以上

記事本文: 定額で世界中が住み放題になる「HafH(ハフ)」が公開、長崎での1号物件サービス開始に向けたクラウドファンディングに成功 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

関連記事