TOP > IT・テクノロジー > THE BRIDGE > 創業メンバー集め...

創業メンバー集めを支援「ビズリーチ創業者ファンド」開始ーーたった1人で500人と面会、半年で経営陣を集めた方法 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

12コメント 登録日時:2018-10-11 10:34 | THE BRIDGEキャッシュ

ニュースサマリ:人材、HRテクノロジー領域を手がけるビズリーチは10月11日、スタートアップ支援事業「ビズリーチ創業者ファンド」を開始すると発表した。シードやアーリー期(売上がない、もしくは黒字化していない段階)の企業が対象で、主にB2B市場を対象とした生産性向上テクノロジーや人工知能、ブロックチェーンなどの最先端技術を活用し...

Twitterのコメント(12)

僕も面会した人数に含まれるんですが、半年で500人会ってるところから伝わるようにパワフルさと巻き込み力すごいんですよね。

- THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)
人、モノ、カネの工面自体に外注コストかけなきゃ創業できんならまだ創業すべきじゃないし、このビジネスモデルのどこで利益生みたいと考えてるかが読めなければ創業するべきではないんじゃまいか?( ˘ω˘ )知らんけど
最初無償でサービス提供して、デカくなったら従量課金てモデルはありかも!
おもしろい!
会田くん!!!/
"出会った人たちで多かったのは20代から30代前半の方で、ちょうど社会人として5年目を過ぎたあたり、なんらかのプロジェクトをマネジメントしたりコーディングしたものが公開された、といった経験をお持ちの方々" / "創業メンバー集め…"
アイディアはあるけど、一緒にやってくれるメンバーが足りない、というのはよくある悩みかと思います。効率的に最適な創業メンバーを探す方法が仕組み化されれば、起業のハードルがますます下がりそうですね!
「ビズリーチの創業者ファンド」は、スタートアップのIPO後の一つの大きな意義というか楽しみというかになりうるなぁ。素敵な取り組み。
なかなか強烈なお話でした:創業メンバー集めを支援「ビズリーチ創業者ファンド」開始ーーたった1人で3000人と面会、半年で経営陣を集めた方法
起業しよう!と思って最初にぶち当たる壁がメンバー集め
最近も「誰かいい開発者いないですかね??」と少なくない量の相談が来るけど、正直紹介できるような人気の人は引く手数多で毎回ごめんなさい😥

こういうファンドの形は面白いかも
以上

記事本文: 創業メンバー集めを支援「ビズリーチ創業者ファンド」開始ーーたった1人で500人と面会、半年で経営陣を集めた方法 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

関連記事