TOP > IT・テクノロジー > 契約書版GitHubの「hubble」をRUCがローンチ、更新履歴や契約書情報を一箇所にーークラウドサインとの連携も実施 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

契約書版GitHubの「hubble」をRUCがローンチ、更新履歴や契約書情報を一箇所にーークラウドサインとの連携も実施 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

12コメント 登録日時:2018-07-02 08:07 | THE BRIDGEキャッシュ

RUCは7月2日、契約書のバージョン管理・共有クラウドの「hubble」のローンチを発表した。今回のローンチでは問い合わせベースで順次サービス提供を進める。また、あわせて電子契約書の作成および締結サービス「CLOUDSIGN」とのAPI連携も発表している。 2017年4月にクローズドβ版がリリースされた同サー...

Twitterのコメント(12)

契約書版ぎはぶいーなー。ウチも導入してくれないやろか。
これは不動産業者的には良すぎる
これはあまりに爆アド
このサービスよさげ
ねこみそ社(偽名)
書類をツリー状にして管理できるツールを導入
よさそう!Simul の日本版って感じなのかな? //
契約書のバージョン管理から解放されたい
実際に使ってる契約書が観れるのかな。 / “ - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)”
おめでとうございます🍾 /
契約書版GitHubの「hubble」をRUCがローンチ、更新履歴や契約書情報を一箇所にーーCLOUDSIGNとの連携も実施
以上

記事本文: 契約書版GitHubの「hubble」をRUCがローンチ、更新履歴や契約書情報を一箇所にーークラウドサインとの連携も実施 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

関連記事