TOP > IT・テクノロジー > 1989年の日本の時価総額ランキング上位100社は今どうなっているのか - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

1989年の日本の時価総額ランキング上位100社は今どうなっているのか - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)

29コメント 2015-01-08 18:07 | THE BRIDGEキャッシュ

編集部注:本稿はベンチャーユナイテッドのチーフベンチャーキャピタリスト、 丸山聡氏が運営するブログ「No Guts, No Growth.」からの転載記事。国内時価総額ランキングに関して興味深い考察が展開されていたので、同氏に許可を頂き、こちらに掲載させてもらった。 いわゆる日本のバブル景気のピークは諸説ありますが、株式市場としては1989年12月29...

ツイッターのコメント(29)

@makrabin7 あとバブル期、現在共時価総額の桁が一つか二つ違うと思います。
なんか、今のメガバンクの中ってどうなってるか知らんが、かつては大したことがなかった連中がデカい面してるって感じなの?w→
おもしろい
これは保存版。この25年で1社1社に色んなストーリーがあったろうと思うと胸が熱くなるね。 /
日経平均が4万ドル近かった⇒ ザ・ブリッジ 現在も上場をしている企業は80社。うち時価総額が上昇しているのは僅か15社
25年前の時価総額ランキング、色んな見方はできるけど、上位30社の重厚長大金融財閥感と今の顔ぶれ(含むソフトバンク、キャノン、デンソー、ユニクロ、ファナック、武田、セブン、ブリジストン)を見比べると、楽しくなった気もしますがね。
これをあとでじっくり分析してみる。 / 他43コメント
金融系が統合されて他が少し入ってきただけ。著者の人とは違ってあまり変わってないなっていう印象です。:
おもしろい記事。 / 他42コメント
NTTの下がりっぷりが目につくけど分割してるからしょうがない。
25年後、どーなるんだろ。 思いつかない企業が軒を連ねたりして。 /
1989年に比べてワクワクする企業が増えている--?? あと10年もすると、またガラっと変わるよ。 /
気になるエントリー : →
凄いまとめ。この当時のドルでもみたいなー。
生き残る企業となくなった企業の違いを考えたら深いんだろうな
記事で触れられていないアメリカとの大きな違いは、銘柄の入れ替わりがあまりないこと。つまり、新産業の創出がほとんど果たせていない。
企業市場 25年経過 株式市場 経済 
1989年の時価総額トップ100社で現在も上場しているのは80社。うち時価総額が上昇したのは15社。2倍以上はトヨタ、武田薬品、ファナック、デンソー、本田技研、ブリヂストンの6社。 / “1989年の日本の時価総額ランキング上位1…”
トヨタ半端ねえ!日経平均が半分になってる中で成長し続けてる。
一番驚いたのが、ソニーの時価総額が1989年より上がっているという事実。 //
“1989年に比べてワクワクする企業が増えている” /
ふむふむ。
編集部注:本稿はベンチャーユナイテッドのチーフベンチャーキャピタリ
ベンチャーユナイテッドの丸山さんに寄稿いただきました!|
丸山さんの記事を転載させていただきました!すごい勉強になる:
以上
 

いま話題のニュース

PR