TOP > スポーツ > 「誰も見ていなくても信号待つ」 英BBC取材陣が触れた「愛すべき日本文化」を称賛 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

「誰も見ていなくても信号待つ」 英BBC取材陣が触れた「愛すべき日本文化」を称賛 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

10コメント 2019-11-10 07:56  THE ANSWER

ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会は成功裏に幕を閉じた。英公共放送「BBC」は「私たちが日本大会を愛する理由」と題して取材した記者、解説者らが今大会を振り返る特集を展開。それぞれが思い出を語ってい...

ツイッターのコメント(10)

日本人的には当たり前のことなんだけどね。
賞賛されてるのか?本当に?
信号のない横断禁止の広い国道を、平然と歩いて渡る日本人がいることも現実。誰かが死なないと分からないらしい。

スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト
「日本人はルールを愛し、それから逸脱することがない。しかし、それは日本での生活を快適で簡単なものにする」と規律に守られた国民性により、日常が良いものになっていると指摘
日本で歩行者の信号無視は道路交通法違反(2万円以下の罰金か科料)です。英国は赤信号で渡っても、自己責任で合法です。
その違い。
日本に生まれて本当に幸運です。
正しいルーティンを維持することがより安全につながっていると看る英国人の一方、それを嗤う外国人たちもまた存在する。
その一方で、渡ろうとしている人がいる横断歩道の手前で止まらないクルマは多めかも...。😔

>みんな、横断歩道では緑の男の人(青信号)を待ち、裏路地でも誰も見ていなくても待っている。
「誰も見ていなくても信号待つ」?その現場は見れない。
1,2か月滞在した「お客さん」が日本人の心の闇を解った気になるな。
「住人」になったら疎外感に絶望するぜ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む

 
PR