TOP > スポーツ > セリーナ、ラケット破壊に"伝説の女王"が苦言「私は子供が見ていると考えていた」 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

セリーナ、ラケット破壊に"伝説の女王"が苦言「私は子供が見ていると考えていた」 | THE ANSWER スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト

34コメント 2018-09-11 15:24  THE ANSWER

ツイッターのコメント(34)

なんか誠也の乳揉みポーズの事を思い出した。
あの件ではカープクラスタにも敵をいっぱい作ったし、未だに俺のことをミュートにしてる相互さんがいる事も知ってる。
それでも自分は間違ってないと胸を張って言える。

セリーナ、ラケット破壊に“伝説の女王”が苦言
中学生レベルの記事
近藤さんテニスもやるんだ(*´-`)
俺も全く同感。
ナブラチロワ、良いことを言ってくれる
ナブラチロワがセリーナのラケット破壊に苦言。また「セリーナは表彰式でブーイングを止めるよう、観衆に訴えたが、そもそも異様な状況を生み出したのはセリーナ自身」とも言っている。
ナブラチロワと同じ時代のマッケンローを思えば性差によるダブスタ主張にも理解を示しつつ、しめるとこはしめる
そもそもラケットを壊す事自体がありえない行為。
どちらがより多くのラケットを折れるかで勝敗を決めるスポーツであれば無敵だろうな。
>「我々は自問自答すべき。我々の競技を尊重し、対戦相手に敬意を払うための正しい流儀は何なのか、ということを」
ナブラチロワに全面的に賛成。納得いかなかったとしても、セリーナは感情を抑えなければいけなかったと思う。ダブルスタンダードは確かにあるけど、それはまた別の問題。
懐かしいナブラチロワが執筆したんや。
セリーナするっていうのが、女子高生の間で流行っているんだよね、一部のメディアさん?
【セリーナ、ラケット破壊に"伝説の女王"が苦言「私は子供が見ていると考えていた」 | スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト】
ナブラチロワ「我々は自問自答すべき。我々の競技を尊重し、対戦相手に敬意を払うための正しい流儀は何なのか、ということを」
ナブラチロワ / “セリーナ、ラケット破壊に"伝説の女王"が苦言「私は子供が見ていると考えていた」 | スポーツ文化・育成&総合ニュースサイト”
セリーナはメチャクチャだよね。悪童マッケンローも彼女には負ける。でも、あの癇性の激しさで年齢をとっても活躍できるんだろうね。ヴィーナスとは違う。
誰も真似できないナオミの流儀にかつての絶対女王も称賛を送っている
ナブラチロワの現役時代を知っているから、このコラムが重みがある。
まだ若いのにオオサカさんは立派→
ANSWER) - ニュースパス
いつでも子供たちに胸を張れる王者であって欲しいものだ。◆
ナブラチロワは今なお顕在!
王者のふるまい、ナオミは王者に相応しい。
ナブラチロワはおいらの中では伝説のテニスの女王なんだワン💕
マルチナナブラチロワ❗レジェンド健在😍おひさしぶりです🎵
ナブラチロワがNYTimesのコラムで大坂の対応を激賞している。反対に、混血なのに騒ぎすぎと文句を言っていた奴らが大人しくなった(笑)。ある意味でこの優勝はノーベル賞級なんだよ→
「セリーナ・ウィリアムズはある部分では正しい。素行不良がいかに罰せられるのかについては、大きなダブルスタンダードが存在する。そして、テニス界だけではない」と理解を示しながら「男子が見逃されているのだから、女子だって見逃されるべきだ、という考えは賢くない」
かつての女王
マルチナ・ナブラチロワさんのコラムが
書かれている。
うん、さすがナブラチロワ👍
ナブラチロワとは懐かしい名前が出てきおしたなぁ。
🍀ナブラチロワも絶賛するなら間違いなくナオミは素晴らしい🎵
「男子が見逃されているのだから、女子だって見逃されるべきだ、という考えは賢くない」
4大大会通算49勝ナブラチロワさんがNY紙でコラム展開「セリーナは何を過ったのか」
「素行不良がいかに罰せられるのかについては大きなダブルスタンダードが存在する」
「私も現役時代に何度も自分のラケットを粉々にしたいと思った。でも、その時は子供たちが見ていると考えた」
「オオサカさんの試合中、試合後の振る舞いこそが本当の意味で感動的だった」
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR