TOP > ネタ・話題 > 「人生に決まりなんてない」今話題の『姉ageha』ギャル編集長に自分を貫く勇気をもらった | Dybe!

「人生に決まりなんてない」今話題の『姉ageha』ギャル編集長に自分を貫く勇気をもらった | Dybe!

36コメント 登録日時:2019-04-15 08:04 | Dybe!キャッシュ

「もう◯歳だからこうしなきゃ」「社会人だから」「母親だから」……。そんな言葉に抵抗はあるけれど、一人でハミ出すほうが怖い。そんな時、「それでも自分を貫いてるのがギャル。ギャルは見た......

Twitterのコメント(36)

ギャルじゃないけど姉agehaはとても好き。
“自分の意思と違うことをすると、みんな輝きを失っちゃうんですよね。”

意思のある選択、常に意識していたいな。
それなー!笑
ほんとこれなの。私の性格。笑
ふらっと読んだら面白かった!

この趣味してると「いい歳だから」とかふと考えることあるけど、好きなうちは辞めなくていいんだなって、何か元気もらった。
やりたいことやって仕事になったら最高だし、ならなかったらお金はアルバイトで稼いで生きてく

やりたいことをやらないという選択肢はない

かっこいい
こういう生き方楽しそう
見た目や髪の色とか表面的なものだけで判断するのはダサい

生き方にはこだわりたい

| Dybe!
これ読むとわたしマインドはギャル側なのだよねwギャルって見た目より自分に正直なマインドなんだって思う。
とてもいい記事を読んでしまった
昔よく考えてたけど社会に揉まれて忘れてしまった事が詰まっていた。

その辺の自己啓発本より何倍も価値ある内容だし、ギャルに対する印象かわる。
@dybe_web
ギャルのマインドにパンクの精神を見た
ギャル雑誌見た事なかったけど友人に教わり最近知った。姉ageha、激アツイ。自分はこのスタンスで生きれてるけどできない人も多いと思う。ぜひ読んでほしい記事。
「自分の努力で得た結果がひとつでも手に入ると、「これだけ頑張ったんだもん!」って思えるし、結果を出した自分、頑張れた自分を好きになれる。」
こういう記事、好きです。
「もう何歳だからこうしなきゃ」
「もうオバさんだから」「もうオジさんだから」「皆がこうしてるから自分も同じ様に歩かなきゃ」
そんな息苦しさから解放される記事


@dybe_web
「自分の意思と違うことをすると、みんな輝きを失っちゃうんですよね。」←わかる。
涙なしには読めない!!最高!!ちゃっかり毎月買ってます!!!!!!
「妥協も必要とか、超ムカつきません?」
「おじさんは年齢や性別じゃなくて、マインドなんですよ。何歳以上はおじさんとか、そういうことじゃない。年齢が上でもおじさんじゃない人はいるし、若くても謎の大人論とか言われると「おじさん」認定しちゃいますね。」
表紙のコピーが気になってた雑誌でした。マインドの話は僕がよくわかんないままロックだな、って言ってるのと似ていると思いました。芯がある人はカッコいい。
Dybe!さんに取材していただいた記事、色々反響いただいて嬉しいです!😆✨✨

頭カチコチの大人が減って、自由な人が増える夜の中になるといいなぁぁ\(^o^)/✨✨
そしてお互いがお互いを認め合える世界になりますように🙏
明日からなるかギャルに。奇遇にもなぜか昨日、急にギャル系ファッションに転向したくなったんだよなw「母親だから」「アラフォーだから」なんだっつーの。
ギャルかっこいい。確かにギャルはマインドだ。キラ子の職場の後輩にもギャルがいた。男気あるなぁと思ってたが、あれはマインドだ。
向こうはweb未経験でスカウトしてきた私に恩義を感じていたらしい。
私も彼女のマインドにはいつも助けられたよ。
度々ギャルの話題を取り上げるように私はギャル好きなんですけど、これの中身わかりすぎて確信した。

ギャルが好きってか俺がギャル。
アラサーの時期が、一番周りの目を気にして「年相応」を意識してた。今となっては子育ても少し落ち着いてきて、やりたかったマツエク、カラコン、髪はハイライトやインナーカラー入れてる。TPOは大事だけど、結局「好きなことをする」のが一番自分を幸せにする方法かなと。
-ギャルは見た目じゃなくてマインド。
ギャル最強✌
最近自分の中で熱い姉aheha編集長カッコいい。上から目線の〜すべき断定のメディアはもう終わり、モデル個々のマインドや生き方を見せる時代。
面白い記事であった。おじさんをおじさんにするのはマインドであるとは頭ではわかってはいるのだけどねw / “ | Dybe!”
ギャルマインド持っていこうな
“「何歳だから子ども産まなきゃ」とか「離婚したらダメなのかな」って考えがちですよね。でも、人生に正解とかないと思うんですよ。”
25歳引退説はおかしい!

「可愛くなりたい」じゃなくて「わたしは可愛い」と暗示をかける。

小泉さん最高! とファンになった。ハロプロみがある。
「ギャル」も「おじさん」も、ファッションや年齢や性別じゃなくてマインド。最高。
「おじさんは年齢や性別ではなくマインド」もしびれる
最近個人的に「姉ageha」ゴリ押ししてるので、編集長どんな方か気になってた。これからも読みます。

“そういう人とは闘ってきたし、ダメなら縁切ってきました。それで自分の仕事がなくなったとしてもいいやって思ってるんです。「妥協も必要」とか、超ムカつきません?”
「そのうえで、仕事で結果を出せばいいんですよ。だって、黒髪でおとなしい子が全員仕事ができるわけじゃないですしね。」最高
まじですごいと思う。ほんとに尊敬する。

“「今年の春はこのアイテム」とか流行はどうでもよくて”
『最初は何か言われたとしても「あの子はああいうタイプだからしかたないね」ってレベルにまでいったら、何も言われなくなるんじゃないかな』
「ギャルは見た目じゃなくて生き方」。SNSや誌面で「もっと自分らしく」と発信し、自身も10代からギャルを貫く『姉ageha』編集長・小泉麻理香さんに自由に生きるヒントを聞きました。
以上

記事本文: 「人生に決まりなんてない」今話題の『姉ageha』ギャル編集長に自分を貫く勇気をもらった | Dybe!

関連記事