TOP > ネタ・話題 > Twitterで救われた。自己肯定感が持てずに育った私が見つけた、自分らしくある方法|深爪 | Dybe!

Twitterで救われた。自己肯定感が持てずに育った私が見つけた、自分らしくある方法|深爪 | Dybe!

37コメント 2019-03-08 10:22  Dybe!

思わず吹き出してしまう人続出の痛快ツイート(下ネタあり)を産み出す、自称「無名の一般女性」の深爪さん。Twitterフォロワーは16万人超。

ツイッターのコメント(37)

【良記事】

フォロワー17万超の深爪さん
@fukazume_taro
も、かつては自己肯定感が低かったそうです。ありのままの自分を受け入れられるようになるまでのお話が綴られています。

発達障害当事者のわたしにも刺さりまくりました。
この感覚わかるな〜。自分の意思が大切なんだよね。

「誰にも嫌われたくない」を行動基準にした結果、「誰にも好かれない」という実に皮肉な状況に陥ったのである。
すこしだけ 楽な気持ちに なれた
圧倒的な成功による自己肯定感の醸成は凡人以下には参考にならんなあ。
自己肯定感がトレンド入りしてるけど、何故だろう?と思いGoogle先生に聞いた結果。やっぱり不明だったので、へえとなったの投げとこ
リンク貼っておきますね 面白い
誰からも嫌われたくない=誰からも好かれない

自分がどう見られているかを意識している、って、相手の事を考えていない…つまり、気遣いとは真逆の精神

腑に落ちる記事です
なんか私の自己肯定ができない理由と似ていたし為になるお話だった。
自己肯定感。私も少ない方だけど、夫に救われたのかな。天才でバカだけど一番愛されてると思う。あとは子供からの無償の愛。
自己肯定感をテーマにこれだけのフォロワーがつくというのは、それだけ低い自己肯定感に悩んでいる人が多いということ。

誰からも嫌われたくない、だから、誰からも好かれないという悪循環を乗り越え、敵をつくっても言いたい...
ブギーポップVSイマジネーターで出てきたセリフ「誰にも嫌われないで生きていけると思ってる人はそれ自体が嫌味」という言葉がたまに思い出されて、他人の目を気にしなくていいなーとふと力が抜けるときもある。完全に無視することはできないけどね。
今の自分は「できないをできるように」ばかりに挑もうとしてドツボ嵌ってるからちょっと休憩しよう。そうしよう…
自分が得意なことって何だろう…(´ω` )
最近の自分の課題「自己肯定感」をあげる。
自己肯定感はやっぱり、幼少期に形成されるんだなってこと。

そして大人になってからでも自己肯定感は育めるんだよね。

そして、そのためには発信はやっぱり必要な気がしてる。
自己肯定感低い人は、ネットの世界で発信活動するのは大いにアリだと思う。

“他人の目を気にせず、己が正しいと思う道だけを歩んだ先に「ありのままの自分」を愛してくれる人が待っていると信じて、私は今日も生きていくのである”
まず自分大好きじゃなくても大丈夫なんだよって、自分嫌いな時もあっていいんだよって!そこが私のスタートだった😶

自己肯定感が持てずに育った私が見つけた、自分らしくある方法|深爪
ぐぬううわおあおあおあ
わかるうううううううう
深爪さんのコラムはいい。「癒やされる」などという表現はしたくない。でもこれを読んで気持ちが楽になれる人は多いのでは。/自分らしくある方法|深爪
私も総じて自己肯定感が低いタイプで、深爪さんのこのコラムには同意しかない。

ただ、大して育て方違わないはずなのに息子は私と嫁さんと似て自己肯定感低め、娘は誰に似たのか生まれた時から鋼鉄の自己肯定感の塊なので、生まれつきの性格の部分も大きいのかなーと思う。
これだけ個性的な人が没個性を演じたらそりゃツライやね
罵倒文句は言う人間が一番言われて嫌なことって深爪さんの記事だ!
ある疑問で悩んでいた時
友達が深爪さんのこの記事を教えてくれた
深爪さんの言葉で私も救われた
そして、何気無い一言に傷ついていた人に
悪意を無効化する方法を教えたら
一気に笑顔になったのには感動だった
この記事はプリントアウトして毎日読もう
これは誰にでもあるんやないか?・・・ないんやろか?
たくさん読まれてます。ランキング入り! 深爪さんによる自己肯定感のお話。
ニヤニヤしながら泣けてしまった
これも良い提案。
「自信をつけるためには、まず弱点を克服した方がいいのでは?」と思う人もいるかもしれない。だが、これは自己肯定感の低いタイプには逆効果だ。」「 苦手なものはあえて避け、好きで得意なことだけを続けることで自信は自ずとついてくるのである。」
“学校の先生や友達、親戚の人にはたびたび「すごいね」とおほめの言葉をいただいたが、決して満たされることはなかった。私は母にほめられたかったのである。”

自己肯定感って、やっぱり親との関係が根っこにある人が多いと感じるなぁ……
悪意も自己肯定感ダウンさせられるし、自分の中の罪悪感とかもそうなのよね。何事もちょっとずつが確実
悪口は”自己紹介”でもあるんだよな
思うところはあるけれど最後だけは同意。
わかりみがすごすぎてなんていうかもう仕事休もうかと思った←

ここ何年かで、今まで生きてきて今が1番楽しいと思えるようになった経緯まで。
因みにうちの親は未だに褒めません(笑)
ランチの下り「もし、みんなに気に入ってもらえなかったら…」って考える癖が30代前半くらいまでは強くあったわ。私の提案”なんて”って思っていた。
自己肯定感を高めるキッカケがあった事+加齢に伴って『生きやすい図太さ』を体得してしまったので楽になれた気がする。
やっぱり深爪さんは面白いなぁ
親御さんからの愛情受けられなかったお子さんはよくあるそうですね、

私は娘に最大限の愛情を注ぎ明るく天真爛漫に育ちましたが、中2で簡単に娘の自己肯定感は崩れ去りました

学校という場所で人生を狂わされました

いま必死に取り戻そうとしてます
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR