TOP > ネタ・話題・トピック > Dybe! > 生活保護受給者と...

生活保護受給者と関わって学んだ「生き方の本質」|えらいてんちょう | Dybe!

43コメント 登録日時:2019-03-15 08:21 | Dybe!キャッシュ

先のことばかり考えてしまう人が多いけれど。「安定した職に就いた方がいい」「将来を見据えて生きろ」私たちは、このような事を言われて育ってきました。...

Twitterのコメント(43)

人の目を気にしすぎなのかもなぁ。
良い記事。
瀧さんの件にも当てはまるけど、失敗したり地に落ちたとしても、死ぬまでの人生は続くわけさ。
生活保護受給者と関わって学んだ「生き方の本質」|えらいてんちょう@eraitencho

奥野克巳先生@berayung が紹介していたボルネオ島のプナンを想う。ありがとうもごめんなさいも必要ない社会。聖人などからは程遠く、しかし今ここだけに生きる世界。
『将来は誰にもわからないものです。だからこそ「今何ができるか」、「今何がしたいか」を私たちはもう少し考えてもいいのだと思います。』|
面白い。お金がなくなっても、稼ぐ気力があるなら仕事もできそうな気もするけどなあ。
えらいてんちょうさん@eraitencho に書いていただいた記事、かなり読まれてます。
担当編集である私自身、生きることの本質ってなんだろうとあらためて考えさせられました。
たしかに、老人ホーム入るためだけにお金貯めるのもなあ‥。
ガチキチの、記事発見。

これって??自演自作??

頭ないひとは、読めないね
賢い人の選ぶ言葉は分かり易い。しょぼい起業の本もそうだったが、すとんと届く。有難い。

@dybe_web
えらいてんちょう 今日もYouTubeみた〜
生活保護か、不正受給している人もいるだろうし、その反面頑張って体力ギリギリまで働いているのに収入が少なくて生活保護受けた方が楽に生活できるような人もいっぱい居るんだろうな。
えらいてんちょうさん、いい感じ
やっぱり私は会社辞めたいんだな・・・
なんか涙出てきた
無闇に生活保護受給者を非難する人はこの視点が足りていない
ずるい、不公平だと言うが、自分がそうなるかもしれないのだ
国民誰もがこの制度使えるということに意義がある
頑張れるときは頑張って、万が一転落したときでも餓死はしない
最後のセーフティネット
@eraitencho
多様性、といえば確かにそうなんだが、個人的には許せない。
税金がそんなふうに使われるのは、耐えられない。
生保とホームレスとごちゃごちゃになってないかな?😳
生保に対しての知識が足りないように思うんだけど……
「日々寝床を探してる」…って、生保は住宅も無償化されてるよね?🏡のんびり暮らしてるように書かれてるけど違うよね🤔💭
ぼくも以前生活保護を受給していたときはそんな感じの生活だったし、今もまったく変わらないなあ。 / “ | Dybe!”
最近、えらてんさんがとても好きです
@eraitencho

彼の本、記事、YouTube色々見てるけど、この記事も今の自分にとても刺さった。将来の安定を求めすぎると今を生きるのが結構苦しくなっちゃうからね
まあたしかに、お金の感覚はズレてるのが多いかなあ。
必要な判断が出来ない人達(トレーニングや治療を要する人達)であって、彼らと比べて「楽観的に生きよ」と啓発することはナンセンス。
+生活保護叩きに話がスピンする危険性あり。
この人の主張は何度見ても自分と同じ低みに他人を引きずり込もうとする意図しか感じとれないんだよな。「弱者こそ本質の体現者である」みたいなわかりやすい逆張りでバカを騙して引き込むと。
確定申告受付期間最終日に公開されていて趣がある。私はもう少し先のことを考えた方が良さそう(その日暮らし)。
価値観が凝り固まりすぎると変化する背景に対応しにくくなるので、こういう記事も定期的に目にしています。

関係に上と下もない。
フラットな視点を今後も大切にして参ります。
前職の福祉事業所(うつとかの精神系)でも、先のことを考えすぎて、家から出られなくなるほど辛くなってた人もいたから、
そういう人たちにも届くと良いなぁ。
就労継続支援B型の昼休み読了→[Dybe!]生活保護受給者と関わって学んだ「生き方の本質」[えらいてんちょう] ▷B型作業所は工賃時給120円とかで障害年金や生活保護対象外だと明日のお金無い時が。死ぬ思いの不安でもどうも出来ず今日の分は使わねばの繰り返し。先考えたら負け
ワシ氏毎月銀行口座見るだけで悲しくなってるくらいの心配性やけど、読んだら人生そんな心配しなくて大丈夫かもと思えた。心配ばっかりしてないで欲しかったもの買いに行こうかな
人を見下さないところさすが。皆等しく人間ですものね。
本来人は、幸せに生きて死ぬことが目的なんだろうと思います。安定を求めるあまり、幸せに生きられなくなるのは不本意なんじゃないか?…と、普通の人達に常識とされていたことに一石を投じるエッセイ。
いざとなれば生活保護をもらえるのだから、じゃ今を頑張って生きてみようとしているのが、現在の自分のスタンスなのかな。
ふと思い出す。
精神科に勤めて「人間どんなになっても生きていける世の中なってる」
と言うのが分かって安心したこと。
そして、患者より職員との関係の方が大変な事。
いい話だった。

端から見れば後先考えないバカな社会不適合者だろうけど、先のことを不安がって身動きとれなくなるよりよっぽど幸せだろうな。

人間それでいいのかもしれない。
同感します/「今何ができるか」、「今なにがしたいか」を私たちはもう少し考えてもいいのだと思います。⁦⁦⁦@eraitencho
| Dybe!
ここに登場してる受給者がクソっていうのと受給額が多すぎるんだなということは分かった
えらてんさんのこういう考え方に共鳴する人は多い。

時にはキチガイじみた煽り動画あげたりする割に、こういう温かい一面(会ったことないけど)を併せ持ってるのはズルい
実は好き放題やりたい放題でも食いっぱぐれないって知らない人多いってかほとんどの人知らない気がする。こういう情報があるだけでもゆとりを持って生きられる。
実にいい文章。
高知で煽ってる人の話より、よっぽどインスパイアされる。
“私も相当な数の生活保護受給者を見てきましたが、飢えて死んでしまった人はひとりもいません。言い方は悪いですが、こんな生き方でもやっていけるのです。 私たちが気にする「安定」。それはたしかにいいことかも / “生活保護受給者と関わって学んだ「生き方の本質」|え…”
仮に「失敗」しても、「道を外して」も、それで人生が終わるわけではありません。いくらでも他に道はありますし、いくらでもやっていけます。生きていくのはそんなに難しいことではない。
「皆どうせいつかは死ぬんです。私たちも彼らを見習い、もっと肩の力を抜いて、今日をやっていきましょう。」
Dybe!さんに寄稿させていただきました。

「彼らはこのように、私たちには考えられないお金の使い方をします。
しかしそれでも、彼らは生きていきます。」
「結果を出さなきゃ」「成長しなきゃ」プレッシャーから生き急いでしまっていませんか?もっと「今何をしたいのか」を考えてもいいのは…えらてんさんにご寄稿いただきました。
以上

記事本文: 生活保護受給者と関わって学んだ「生き方の本質」|えらいてんちょう | Dybe!

関連記事

185コメント 17 時間前   - note.mu