TOP > IT・テクノロジー > LINE田端さんに訊く、デジタルマーケティング業界の抱える闇と希望の光(2) 「やっちゃおうぜ」文化の終焉。インターネットの与党としてのお作法とは? | TechWave テックウェーブ #wave

LINE田端さんに訊く、デジタルマーケティング業界の抱える闇と希望の光(2) 「やっちゃおうぜ」文化の終焉。インターネットの与党としてのお作法とは? | TechWave テックウェーブ #wave

11コメント 登録日時:2017-10-16 12:15 | TechWaveキャッシュ

田端 信太郎氏 (LINE株式会社 上級執行役員 コーポレートビジネス担当) ー前編では、業界全体の課題について伺いました。後編では、特にデジタルに限った話で深堀していきます。 (前編はこちら) 加えて、デジタル系には、 […]...

Twitterのコメント(11)

さすが田端さん良いこと言うなあ...LINEにいるのがもったいない()
お試し詐欺の広告で数字を伸ばしている大手アフィリエイトASP、A社、F社、I社に是非読んでもらいたい記事。
海外では大企業がデジタル広告の予算を減らす動きがあったり、個人的には2018年はインターネットメディアが淘汰されていくデジタル広告2.0みたいな流れになるんじゃないかなと思っている。
軽快でわかりやすい/
転職する時、個人名とネットの関係性が大事な時代。
"「違法じゃないからいいよね」というのが甘い
本当に自分たちは「お天道様にたいして恥ずかしくないことをやっているか?」と問う常識をもつ必要がある。長い目で見ればそれが経済合理的

LINE田端さん「やっちゃおうぜ」文化の終焉
清々しいまでの「お前が言うな」案件。偉くなるためにはこういう面の皮の厚さが必要なんだね。
タカアンドトシのトシの方なのにまともなこと言ってるじゃん
「ダサいことさせられるなら、会社をやめます」と皆が言えるようになるのがネット業界の不祥事の再発防止。この業界は優秀な人は幾らでも転職できるので、まず個人として考えるべき。社内研修では言えないので、AdTechのような場で言うしかない。
この話もっと聞きたいな▷
以上

記事本文: LINE田端さんに訊く、デジタルマーケティング業界の抱える闇と希望の光(2) 「やっちゃおうぜ」文化の終焉。インターネットの与党としてのお作法とは? | TechWave テックウェーブ #wave

関連記事