TOP > IT・テクノロジー > 在宅勤務用ネットワークの45%にマルウェア発見 テレワークはなぜ危険か:悪名高いマルウェアも存在 - TechTargetジャパン セキュリティ

在宅勤務用ネットワークの45%にマルウェア発見 テレワークはなぜ危険か:悪名高いマルウェアも存在 - TechTargetジャパン セキュリティ

新型コロナウイルスの感染対策として在宅勤務が広がる中、在宅勤務用のネットワークをいかに安全にするかが重要になっている。だが現状はセキュリティが十分に確保されているとはいえないようだ。

ツイッターのコメント(13)

興味深いですね。
[ セキュリティ]( )
これ家庭用ネットワークの約半数にマルウェアある、みたいなことなんですかね
…ゼロトラストセキュリティとは、エンドユーザーが企業内ネットワークの中にいるか、外にいるかにかかわらず、必要に応じて認証を要求するセキュリティモデルだ…
別に驚くことでもない。怖いのは、これを読んでやっぱり在宅は危険だとなるアホ経営者。
そりゃなぁ。。。
私も夫氏も社給PCで在宅勤務だけど、みんながみんなそうじゃないデスヨネ~。
これは準備もなく全ての設備を社員に丸投げするからですよね。
回線もパソコンも会社が貸し出して仕事以外に使わなければ危険性は減るかと…
政府も地方自治体も企業も個人まで、情報セキュリティが甘々!
情報インフラはすぐにダウン!
情報セキュリティは情報盗み放題!
何から何までデジタル化のショボい日本!
Windows自体がすでにマルウェアな件・・・
知ってた
だからFAT端末の利用や安易なネットワーク使わせるような構成やめようねと。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR