TOP > IT・テクノロジー > クラウドをやめてオンプレミス回帰する「脱クラウド」は日本で広がるのか:「脱クラウド」が意味するもの【第1回】 - TechTargetジャパン サーバ&ストレージ

クラウドをやめてオンプレミス回帰する「脱クラウド」は日本で広がるのか:「脱クラウド」が意味するもの【第1回】 - TechTargetジャパン サーバ&ストレージ

企業ITにとって欠かせない存在になったクラウド。運用管理の効率化などさまざまな利点があるが、使い方を間違えると「オンプレミスの方が良かった」という結果になる。そこで生まれる選択肢が「脱クラウド」だ。...

ツイッターのコメント(16)

また振り子が反対側に振れてきたのかな?_
って事で…
…誰の入れ知恵だか知らんが…ね…
へぇオンプレ回帰なんて始まってるの……
これどこからツッコめばいい記事なの…? ///
月末にサーバー落ちたりとクラウドは怖いから、データを手元に置き、データをクラウドで共有するという弥生会計という中小企業の会計も。/クラウドをやめてオンプレミス回帰する「脱クラウド」は日本で広がるのか:「脱クラウド」が意味するもの【第1回】-
クラウドもAWSの寡占化が進むと…
それだけスケールするサービスを提供できてないってことなんじゃないのかな?/
例としてぷららとDropboxが並んでるのに違和感。規模も理由も全然違いそうだけど
そんな動きが出てるの!?!?
未だに世間ではオンプレミスを望む声もあるんですね〜

AWSやアジュールならSSL通信してるしセキュリティ面は問題ないのに

>
車と同じ?でハイブリッドがいいかな...
周回遅れの日本は今から絞りカスになっていくクラウドに移行していくんですけどねぇ
ぶっちゃけ、自前で色々と設定したくないし、わかる人もそこまでいないしを永続的な支払いで解決してるだけですし
スタートアップや新規サービスならリソースや収益が安定するまでクラウドが便利だし、ノウハウやオンプレ環境構築の技術があれば、コストカットのためのオンプレに切り替えもあり
結局はより適切なインフラ環境を選択してどちらも活用するのが理想!
以上
 

いま話題のニュース

PR