TOP > IT・テクノロジー > Intel製CPUを攻撃する「ZombieLoad」の脅威 見えないはずのデータが見える?:CPU脆弱性「MDS」の脅威と対策【前編】 - TechTargetジャパン セキュリティ

Intel製CPUを攻撃する「ZombieLoad」の脅威 見えないはずのデータが見える?:CPU脆弱性「MDS」の脅威と対策【前編】 - TechTargetジャパン セキュリティ

15コメント 登録日時:2019-07-16 09:48 | TechTargetジャパンキャッシュ

セキュリティ研究者が、Intel製プロセッサの脆弱性「Microarchitectural Data Sampling」(MDS)を突く4種のPoC攻撃を開発した。そのうち研究者が最も深刻だと考えているのが「ZombieLoad」だという。その脅威とは。...

ツイッターのコメント(15)

アメリカ人って、なんでこんなにゾンビ好きなの?
Zombie Load ねぇ~ Intelの脆弱性は底知れないなぁ。
2019年5月中旬、世界中のセキュリティ研究者がIntel製プロセッサの新たな脆弱性を明らかにした。悪意のあるハッカーはこの脆弱性を突くことで、Intel製プロセッサから機密情報を直接盗み出せるようになる恐れがある。
(・ω・)!!!?
また君か(セキュリティ)壊れるなぁ
またAMDに追い風吹いてしまうのか
見えないはずのデータが見える?:CPU脆弱性「MDS」の脅威と対策【前編】
投機的実行の脆弱性を突く攻撃って未だ続いてるのか。Intel Insideとか言ってる場合じゃないな。
Intelの持つ大きな武器「投機的実行」の脆弱性結構話題続きだけど
このままイタチごっこするのか、投機的実行を捨てるのか、新しい武器を作るのか
結構個人的に今ホットで好きな話題
ゾンビランドサガでは無かった

CPU脆弱性「MDS」の脅威と対策【前編】:
CPU脆弱性「MDS」の脅威と対策【前編】:
Discover(Google)から
以上

記事本文: Intel製CPUを攻撃する「ZombieLoad」の脅威 見えないはずのデータが見える?:CPU脆弱性「MDS」の脅威と対策【前編】 - TechTargetジャパン セキュリティ