TOP > IT・テクノロジー > 沖縄初のJ2クラブ・FC琉球、躍進の背景に「経営立て直し」:スポーツとイノベーション - スポーツイノベイターズオンライン

沖縄初のJ2クラブ・FC琉球、躍進の背景に「経営立て直し」:スポーツとイノベーション - スポーツイノベイターズオンライン

 沖縄県で初のJリーグチームとなるべく2002年に創設されたFC琉球。2014年からJ3に参入して当初の目標は果たしたが、運営母体となる琉球フットボールクラブ株式会社は資金難が続き、2015年8月からの約1年半で3度の社長交代が起こるなど、順調とは言い難い道のりを歩んでいた。...

ツイッターのコメント(14)

まあ、ここまで現場はよく頑張っていると個人的には思います。J2最低レベルの予算で、シーズン中に主力選手を多く引き抜かれながら、ほんとによくこの位置にいるなと思います。今後もっと強くなりたいなら、とにかく資金力を上げることですね。
中規模以下のスポーツクラブでチームの成績が良い所は「クラブ経営(者)」が優れている事が多い。サッカーの長崎、札幌、バスケの千葉。このFC琉球もそうらしい。「経営=リソースの最適配分と実行」として、特に限られたリソースの配分に優れているんだろう。羨ましい笑。
もしこのままJ1昇格圏内に最終節まで行った場合、去年の町田みたいにライセンス問題とか出てくるのかな

ライセンス制度なくしても良いと思うんだが。。。
倉林氏@KEISHIRO_K インタビュー

クラブを取り巻くステークホルダー同士の関係構築。選手だけでなくスタッフの給与見直しや環境整備。

こういった見えづらい活動からチームは強くなっていくんですね。

@fcr_info
これ見るとJ2でも予算はかなり下の方みたいだから移籍金くれるなら致し方ないって感じかねえ。
地元密着と地域貢献の点では、水戸は大いに学ぶべき事が多そう。地元出身である必要はないけど、地元のヒーローを育てる努力は必要だと思う。観客が何を求めているかを、絶えず思考し続けるクラブは必ず強くなる

---
1水戸=5.8億 / “沖縄初のJ2クラブ・FC琉球、躍進の背景に「経営立て直し」:スポーツとイノベーション - スポーツイノベイターズオンライン” (2 users)
FC琉球は注目しています!
倉林さんや昴さんの経営に特に注目してます!MERICも導入してもらいましょう!
倉林社長就任後のFC琉球の革新関連の記事をツイしたが、それらを包括し、近時の動向まで踏まえた記事がアップされていた。
クラブを支えるスゴ腕の人材も集まってきているようだ。クラブの成長だけでなく沖縄の成長にも寄与しそう。
県民の支えが必要な数字も記事中にある。
今年のFC琉球は要チェックだな‼️
沖縄初のJ2クラブ・FC琉球、躍進の背景に「経営立て直し」FC琉球代表取締役社長 倉林啓士郎氏インタビュー:スポーツとイノベーション - スポーツイノベイターズオンライン
沖縄県で初のJリーグチームとなるべく2002年に創設されたFC琉球。2014年からJ3に参入して当初の目標は果たしたが、運営母体となる琉球フットボールクラブ株式会社は資金難が続き、2015年8月からの約1年半で3度の社長交代が起こるなど、順調とは言い難い道のりを歩んでいた。
この低予算クラブが開幕2連勝。長丁場のJ2はなかなか厳しいと思うけど、頑張ってほしいなぁ。プレー面はとにかく7番の中川風希を推す。昨年J3ハイライトでも見てたけど、今年のJ2でも十分通用どころか大活躍。

■沖縄初のJ2クラブ・FC琉球、躍進の背景に「経営立て直し」■
昨日のスポーツウォッチャーに呼応するかのように倉林社長の記事がUPされてた。連続した社長交代劇を沖縄で見てただけに倉林社長の功績は大きい。ただいつまでもボランティア社長の倉林さんに頼ってもいけない。
以上
 

いま話題のニュース

PR