TOP > IT・テクノロジー > CCCのTカード情報提供、違反ではないが「十分性」に反する | 日経 xTECH(クロステック)

CCCのTカード情報提供、違反ではないが「十分性」に反する | 日経 xTECH(クロステック)

11コメント 2019-02-15 06:14  tech.nikkeibp.co.jp

 カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)が裁判所の令状なしに、「Tカード」利用者の氏名や購入履歴などを捜査機関に提供していることを問題視する報道が2019年に入って広がっている。CCCの情報提供...

ツイッターのコメント(11)

先日のJIILSで話題になっていたのは、この辺でしょうか/
「CCCの情報提供は、個人情報保護法には違反していない。だが日本政府が欧州連合(EU)に説明した内容には反している」  | 日経 xTECH
"刑事訴訟法が専門の成城大学の指宿信教授は「公安委員会などが警察の情報収集について不適切とする指摘や是正を勧告する能力があるとは思われない」と実態を指摘する"
ほー。これはよい記事。

「関係者は、日本は2年後の見直しまでに法制度の改正が必要だと口をそろえる。放置すれば、2年後に十分性の決定が取り消される恐れがある」
“企業だけではなく、図書館も貸し出し記録などの個人情報を簡単に提供しているという。”日図協! 日図協! @JLA_information / “ | 日経 xTECH(クロステック)”
GDPR 的に良くないよねそれ? という話があるらしい。
情報の『重み』を感じる良い記事でした🤗

一般データ保護規則(GDPR)の「十分性」

欧州委員会は2019年1月23日、日本は十分な個人データの保護水準があると認定する「十分性」を決定

米有力企業は『プライバシーシールドの枠組み』でEUの個人データを米国に集められる
「日本政府が欧州連合(EU)に説明した内容には反している」求める側も提供する側も考えが古かったってことか。あーあ。大変なことになりそう→
「図書館も貸し出し記録などの個人情報を簡単に提供しているという」ってあるけどどこの話??まともな図書館員は抗議するぞこれ。 /
任意捜査の原則条文を元に企業が「勝手に」個人情報を国家に提供できるのでは思想弾圧系の秘密警察保護法だよね。
つまり、米国の愛国法がシレッと付帯してました、みたいな。

「 | 日経 xTECH」(クロステック)
CCCのTカード情報提供、違反ではないが「十分性」に反する|日経xTECH EUの十分性を満たせないということか。どこからどう抜けるかよくわからないので、やっぱ個人情報をどこに持たせるかはよく考えないとだなあ。
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR