TOP > IT・テクノロジー > 日経xTECH > COBOLは難し...

COBOLは難しいか、記者が試しにコードを書いてみた | 日経 xTECH(クロステック)

83コメント 登録日時:2019-02-05 05:42 | 日経xTECHキャッシュ

 COBOLプログラマーが減っているというニュースを立て続けに見た。その原因の一端はCOBOLの難しさにあるのではないか。それを確かめるため、COBOLを学んでコードを書いてみた。...

Twitterのコメント(83)

COMPUTEとか、久しぶりに見た。 昔は、プログラムって大文字で書くもんだと思ってたけど、今となってみると、珍獣だ。 ってか、Mac上に処理系があることがびっくりだ。
ちゃんと手を動かして試すのいいね! //
COBOLは
以前はよく使われており
書ける人も多かったが、
利用が減ったため
現在は書ける人が少なくなっている。

COBOLのシステムは
今でも残っているが、
それらに関わる仕事は
保守運用が中心。

COBOLでの新規システム開発案件は
ほぼないと考えられる。
基本情報からCOBOLなくなるんですかーー!!www
えぇぇぇぇーー!!w
スパゲッテイSQLも目にするのだが・・・
COBOL懐かしや…!!
「Windowsで(COBOLの)環境を構築するのは面倒そうだ」とのことですが、Chocolatey 使ってサクッとインストール (C:\> choco install gnucobol) 。
あぁ
何も知らない方が印象だけ><
参考にしちゃ駄目な感b><
この前Web系エンジニアの人に「COBOLって丸め誤差がない言語ですよね?凄いですね。」って言われて「えっ..あっ..そうですね..」ってなったのを思い出した😆Web系言語と比べて良いところもあるらしい...

xTECH
COBOLの弱点は影響調査の難しさだと思う。変数は基本的にデータ部にまとめて書くので、ローカル変数やスコープという概念がない。
「勤労統計で使われている」ことをきっかけにCOBOLに手を出してみたという動機はわかるけど、そこから勤労統計にCOBOLを使っていることへの批判に繋げるのは、流石に無理があるのでは?それに、根本的な問題は別だから、どんな言語使ってても一緒・・・
あとでよむ>
この記事を読んで、COBOLでは大域変数しか使わないことを知った →
この記者さん、好きだわー! / xTECH(クロステック))
確かに厄介な問題です。『COBOLには他の人が書いたコードを分かりにくくする「悪い文化」がある。例えば、COBOLでは「グローバル変数」しか使えない』 /
難しいというかめんどくさそうだよね
まあ、COBOLがバカにされてる~。
COBOLだとアベンド時のリカバリー処理を明確にかけるんだな。
統計処理をcobolでやっているかは別として。
違う、そうじゃない定期。
COBOL自体が簡単な言語かどうかの問題じゃないんだよなぁ。
問題なのは、古い汎用機のお作法で木に竹を継いだスパゲッティになるから、後の人が見た時に何が正解の仕様か分からないって話だよね。
「変数名に意味のある単語を使うのではなく、機械的な連番の変数名をつけることもある」
「どんな役割の変数かをいちいち対照表で確かめたり推測したりしなければならず、人間が読むのはとてもつらいコードになる」
プログラム言語には向き不向きがあるんだけど、なんで統計処理にCOBOLを使うのか。まあ古いシステムだからなんだろうけど、全く向いてなさそう。
流石にこれはCOBOLの人に失礼だと思う。COBOLの難しさは言語の外にあるのはその通りなんだけど、それも含めてCOBOLなんだよ。ある意味、アセンブラに近い。今風の言語みたいに、修正箇所だけ眺めればいいのとは違います。
COBOL書きだったことは一度もないが、むしろ大量の変数を構造化して処理するための言語なのでは。
"どんな役割の変数かをいちいち対照表で確かめたり推測したりしなければならず、人間が読むのはとてもつらいコードになる"
COBOLは難しくない。
ただ面倒なだけ。
もう学校で習って30年経つのかぁ。
セレロン512MBメモリノーパソでDAM端か、TN3270エミュで書いてほしい。スクロールはファンクションキーな。これ、2013年の話やで。 /
なぜ「新規案件がないからプログラマが増えない」と、圧倒的結論を書いておいて長々と的外れな事を・・ /
日経BPの記事は読む価値があるのか、プログラマが試しに記事を読んでみた。
試しに書いてみた!と言われた時点で僕の負けだな。 /
大森記者はところどころ間違うけど、実際に自分で触れてみて判断しようとする姿勢は好感が持てる。
COBOL は難しくないし、容易になくせないので、高給を払えば Java から転向する人が大勢現れるだろう。
そんな文化ねえよ笑 単にソフトウェア産業自体が未成熟で標準化ルール決めてなかっただけだろ。適当なこと書きやがって。by 隠れコボラー
素人は黙っとけ。ぼくもCOBOLわからんけど、レガシーコードと戦ってる人たちはどんなに大変なことか。
こんな事件は受け入れ側のチェックにも問題ある
文句を言うだけ人よりも、手を動かす人のほうが立派だと思った記事です。
COBOLでFizzBuzzを書いてみた記事。「COBOL難しいとか書いてから言えよ」という圧力を感じて、フェアで良い。あとは「まともな自動テストフレームワークが無い」とかは障害が増える要因としてはありそう。言語コミュニティ内の慣習の問題が強そうだけど。
コード見ただけで嫌になった
見た感じ、俺が関わってたAS400のRPGの方が難そう。っていうか、一つのファイルで1万行とかあったのを. netに書き変えてたな。クソだったわ。
後で読もう
検証の内容と記事の結論が結びついてないというツッコミどころはあるが、まぁそうなんですよね |
他のコメントにもあるようにCOBOLの強みは集計、併合、突き合せ、レポート出力なので…/あとスパゲッティ化しやすいのはむしろ他の言語の方。 /
書きにくそうw😅
単にオワコンなだけで、学習難易度が高いわけではない /
COBOL さんの文法そのものはそんなでもないけど・・・ 仕様書や変数対応表がないとたぶんきっと詰むやつなのです(・x【みかん
絶滅危惧種、COBOL
じゃあ実際書いてみるかってなるの大変良い姿勢だと思う
id:blueboy COBOLで書かれたメンテナンス困難なコードを他の言語に機械的に翻訳したところで、他の言語で書かれたメンテナンス困難なプログラムが出来るだけですから… (グローバル変数も変数名もそのまま…(´・ω・`) /
COBOLが一番簡単なのに。
取っ付きは悪いけど、できることが少ないから覚えることが少ないし、計算も間違わない。
COBOLは簡単な仕様でも超長いクソコードを書けるのと、綺麗でもとにかく長くなる。1万行とか当たり前なので、単純に解読に時間がかかる。滅ぶべし
興味深い試みだ。自分自身はCOBOLを学ぶ気はさらさらないが、官公庁を始め多くの古いシステムでCOBOLが使われているのであれば、使い続けるにしろリプレイスするにしろCOBOL技術者の育成は必須と思われる。
COBOLプログラマーが減っているというニュースを立て続けに見た。その原因の一端はCOBOLの難しさにあるのではないか。それを確かめるため、COBOLを学んでコードを書いてみた。
COBOL初めて読んだけど昔弄ってたBASICとかFORTRANとかとロジック部分の印象はあまり変わらんな。しかしグローバル変数のみでiとかjとか使われてる巨大なシステムとか絶対触りたくないw /
記者のかたには、お時間と機会があったら、汎用機環境でJCLも使ってファイル入出力のプログラムを書いて検証して欲しいな。FIZZ BUZZでなくて。印象が変わるかもしれません。
言語の文法が単純だということと、コードのチェックや修正が容易かどうかは全く別の話

これ -
COBOLの難しい部分ってベンダーごとの非互換性と業務ごとのマクロの山なんじゃないすかね。やったことないから知らんけど。 /
COBOL、ある程度覚えてると思ってたけど書かれていたコードを読んで脳が拒否してしまった…COBOLは複雑な処理をするものではなくて、ファイルを読み込んで一定の計算処理を行う用途であれば非常に楽。複雑な処理文字数 / "COBOLは難しいか、記者が試しにコードを書いてみた…"
変数のスコープ化があれば勤労統計の不具合が起きなかった?については疑問しかない。できなかった言い訳なら使うかもしれないが関係ないだろ。そりゃ新しい言語が古い言語の問題を解決してるのは当然だが技術の問題なの?
パッと見、宣言部とかなんだかPL/SQLとかplpgsqlとかのストアドプロシージャっぽいのね /
自分が生まれるより前に書かれたプログラムを、紙ベース(所々歯抜け)の仕様書を見ながら修正する仕事をしていたんだが、これだけじゃなくてJCLとかいうメインフレームの(ry
FizzBuzzでプログラム言語自体が「難しい」とか「簡単」とか判断できるわけないじゃん /
タイトルだけで「また日経BPか」ってなる
5ページ目 "最近のCOBOL処理系にはローカル変数を使えるものもあるが、過去との互換性を保つため、ローカル変数の使用は禁止されることが多いという。" ワロタww /
@katoSat また、大森敏行やなw
素晴らしく殺意のわいてくる記事。このメディアには校閲という概念がないのだろうか。 /
COBOLは覚えるべきルールが少ないし、フローチャートをそのままプログラムにできるので未経験者の新人研修向けだと思ってるんだけどね。現場のコードのことは知りませんが。JCLに触れないとダメだろうし。 /
今でも中国大連ではオフショア開発の名の下にCOBOLプログラムが書かれてる。新規開発もあるよ。 /
前職で300万行のピタゴラロジックなサブモジュールを改修してました。COBOLがーっていうかビジネスロジックが限界突破してた /
COBOLの悪い文化、相当だなぁ。
グローバル変数に、よく分からない変数の名前…。
なつい。
仕事では使った事ないけど、学校で習って無理してゲーム作ろうとしたりしてた(笑)
入力はマークシートで出力は98のシリアル端末だったかな?本体はNECのACOS(笑)
ちゃんと手を使って動かしている点が素晴らしい。少し触ってみる分には容易だが、「グローバル変数しか使えない」という点は巨大なシステムを構築するのに脅威だよなあ /
"個人的には、COBOLはその悪い文化と共に消えていくしかないと思っている。"

と締めくくられているが、本来、消えていくべきCOBOLを葬り去れないことこそが問題なんですよね。
COBOLのFizzBuzzコードを見ると、Visual Basicと同じような嫌悪感を感じる…。少なくとも自分はやりたくない。これを新人がやらされる職場があるのか…(遠い目)
面白く意欲的な記事なんだけど、限界COBOL環境では「フリーフォーマット」が許されてない、むしろだからこそ限界だったりする。
ぜひこの次は正書法で挑戦していかに限界な世界かを実感して欲しい。
学生時代の基本情報処理試験と新人時代の研修がCOBOLだったので懐かしみある
そしてbrewでCOBOL入れられるのなw
最後のこの1文が切ない…
「個人的には、COBOLはその悪い文化と共に消えていくしかないと思っている。」
久しぶりにCOBOLのコード見たw 1ソース内で帳票出力定義も一緒に書けるところは好みだった。 /
ちょっと書くだけなら簡単なのは間違いない。ただ、他人のを読むのは結構苦行 /
COBOLコンパイラーの開発に従事し、COBOLを使用プログラムを作成してきた者にとってはつまらん記事であると同時、過去を否定していては明るい未来はない
良い感じに纏まってて分かりやすいね。
>最近のCOBOL処理系にはローカル変数を使えるものもあるが、過去との互換性を保つため、ローカル変数の使用は禁止されることが多いという。
コレが全てな気がする。
以前、自分もCOBOLの勉強させられたとき書いたことがあるけれど、確実にいえるのは今からわざわざ学ぶ言語では無い。
結論には私は疑問だが、短くよくまとまっていて、COBOLの抱える問題がよく見えると思う。

ただ問題をCOBOLと言う言語「だけ」に負わせると話がややこしくなる。
これは大森さんにしか書けない記事、ていう感じでめちゃ面白いw /
またお前か。
何もわかってないのに誤解ばかり広める記事だな。
初めてCOBOL触った
こういう記事を読みたかった。なるほど。文法は簡単だがグローバル変数しか使えないので不便なのね。 /
おもしろい。COBOLのプログラミングやってみたいな。
後で読む用…
以上

記事本文: COBOLは難しいか、記者が試しにコードを書いてみた | 日経 xTECH(クロステック)

関連記事