TOP > その他のニュース > 銀行でお金が下ろせなくなる?日本を襲う「預金封鎖」の可能性 | 概要 | 日刊大衆 | 社会 | ニュース

銀行でお金が下ろせなくなる?日本を襲う「預金封鎖」の可能性 | 概要 | 日刊大衆 | 社会 | ニュース

24コメント 2020-09-02 06:43  日刊大衆

2021年○月×日、月曜日の午前8時。テレビで臨時ニュースが流れる。「ただいまより金融機関の全預金を封鎖します」 官房長官の口から出た、まさかの通告。以降、ATMでの現金引き出しはもちろん、ネットバ…

ツイッターのコメント(24)

過去にはそんな前科もあったのか
まさかのことは起きたらやばい
来ます。確実に。
大衆さん、
思いっきりビックリする記事を
シレっと書いているんだよなぁ。
さて、いまのニッポンは
ここまでやる可能性が
あるのだろうか…🤔⁉️
表面的な事象だけを言われてもね。
またこんなデマをばらまくメディアがいる。財務省の手先か?国の借金は大部分が国民からなのになんでその預金を封鎖して返す必要があるのか。国民をバカにしてるのかな?
えっ🤯?…うそ〜ン💦😰本当かよ
実際に起こったら暴動起きそうだな
銀行爆破されそう
こんな政策を進めるときには誰を総理にすればいいんでしょうね。
この記事は経済専門の記者が書いたらしいが、主流派経済学が全てなのだろう。預金封鎖だの、国の借金だのと、読者を煽って部数を稼ぐ算段だ。
政府は国債を発行し、それを民間銀行が買う。しかし銀行は預かっているお金で国債を買うのではない。それすらも記者は知らない。
キタキタキタ
2021年○月×日、月曜日の午前8時。テレビで臨時ニュースが流れる!!

「ただいまより金融機関の全預金を封鎖します!!」

銀行でお金が下ろせなくなる?

日本を襲う「預金封鎖」の可能性
コレは酷い。「国民が持つ金融資産を100として、国の借金が90%にまで達したら、預金封鎖が実施されるという公式のようなものがあります。」国債発行したら国民の金融資産も増えるからね
こんなふうに無駄に不安を煽った結果、預金引き出しが殺到して、銀行が倒産するっていう事件が昔ありましたね。
最近ではギリシャやアルゼンチン、キプロスが預金封鎖をしましたが、これまで預金封鎖したことがある国はそんなに多くはありません。

ただ、日本は過去に預金封鎖をしています。そして、その時よりも今の方が財政は悪い。。。

自分の資産は自分で守らないと。
胡散臭いフリーライターが書いた記事ですね。
あと、国債残高=国の借金なんて言うのを未だに書いてる時点で終わってるな。
『戦後の話、と侮ることなかれ。「現在の日本は、74年前と同じ預金封鎖が起こりうる状況」』
実際、1946年(昭和21年)2月16日、戦後の混乱期に、日本政府は預金封鎖を実施した前科がある。
銀行でお金が下ろせなくなる?日本を襲う「預金封鎖」の可能性。 「コロナ禍で国の借金が87%~88%と増え続け、預金封鎖の瞬間に、より近づいてきたといえます。預金封鎖は早くて来年、遅くても23年には実施されると見ています
だからマイナンバー化を進めるのか?
誰がいつから、どうして、何のため、こうした起こり得る現象をつくってしまったのでしょう。
いずれにしても、もう遅いです。
ここには記してありませんが、現金は新札に切り変わり、旧札は無効になるのでしょうね。
個人的な回避策は、存在しません。
預金封鎖されると金を下ろせなくなるし。
タンス預金をしていると、新紙幣切り替え時に「今までのお金は新紙幣の1/10になります」と言われる可能性だってありえる。

こういう可能性を考えると、現金以外で価値あるモノを持っておかないといけないんだよな……
以上
 

いま話題のニュース

もっと読む
PR