TOP > ネタ・話題 > 「寿司が消える日」銀座久兵衛、最後の予約 | TABI LABO

「寿司が消える日」銀座久兵衛、最後の予約 | TABI LABO

11コメント 2019-10-03 02:27 | TABI LABOキャッシュ

「株式会社ユーグレナ」と「銀座久兵衛」がコラボし、地球温暖化により海洋生態系が破壊され、寿司から日本近海のネタが消える未来を予測した「寿司が消える日」。...

ツイッターのコメント(11)

ムダに危機感を煽るつもりはないけど、食べれなくなる食材ってのは存在します。
リンゴで言えばハックナインとか。
流通過程で芯カビが発生するので、木を切り、別の流通に耐えうる品種に 替える
尚弊社は特定産地の特定の木迄知っているのですが、シェアしてもらえまへん
環境への意識と実行。危機感を持たないと。
※安倍さんと桜を見てる場合じゃないな😓
日本人が大好きで、日本の代表的な伝統料理”寿司”
日本人のルーツといっても過言ではないこの料理が、我々の世代で『完全消滅』の危機に…

寿司と持続可能な開発目標との意外な関係性
『寿司が消える日』というプロジェクトにて銀座久兵衛と株式会社ユーグレナとのコラボ
しゃこ 2041年
いくら 2049年
ほたて 2068年
うに 2073年
あわび 2080年…

あと60年したらこれだけの寿司が消える。

環境への関心は決して「次の世代のため」なんかじゃなくて
もはや自分のためにやらなきゃいけないこと。
なんて具体的な、、(怖)
しゃこ、あと22年・・・(TT)
このまま温暖化が進行すると、生態系が破壊されるため、私達が大好きなお寿司のネタであるお魚も捕れなくなってしまう。だから食べられなくなる。これはゆゆしきことです。
/ これ読んでも「まだ食えるじゃんwww」「そこまで俺生きてないしwww」で済ませるアレが多そう…
おいらはすでに諸般の事情によりまして寿司は食べられなくなっております。主に経済的な理由によります。
いつだったかのヤングカンヌでこんな企画出した覚えある笑
以上
 

いま話題の記事

PR