TOP > ネタ・話題 > コーヒーかす、米のもみ殻、海藻からできた「機内食トレイ」 | TABI LABO

コーヒーかす、米のもみ殻、海藻からできた「機内食トレイ」 | TABI LABO

26コメント 2019-10-01 07:46 | TABI LABOキャッシュ

再生可能な自然素材を用いて作られた「機内食用トレイ」。サステイナブルの波が空の旅を変えようとしている。...

ツイッターのコメント(26)

コーヒーかす、米のもみ殻、海藻から作られた機内食トレイ!
色々な自然素材を使った製品を見てみるとコーヒーかすと海藻が使われていることが多いように思います🤔使いやすい素材なんですかね😌
器は容器も食欲に影響するから、こっちの方が美味しく見えそう。
機内食にも変化の兆し。
どれくらいの値段するんだろう?梱包材高い(*_*)

| TABI LABO
何よりデザインが良い。

| TABI LABO
面白そう!商品かしたら、一番初めに導入するのはどの航空会社だろう?エコだけど、料理の油とかついてても堆肥化できるのでしょうか。災害時など水が使えない時にも役立つと思います。
!かっこい〜〜

ロンドンのデザインスタジオのお仕事、
こんなデザイン性の高い機内食があったら長時間の飛行機もハッピーだな!!!!!
これは、セクシー
おしゃれ!!!!
まだ企画段階だけどやっとの機内プラスチックフリー!

しかも感覚的に美しい…❤️

常時エコノミーで、機内食ってわさわさしてあんまり美が満たされないんやけど、これは気持ちいい…!
いいプロジェクト。
こんなんいいなぁ。
『どれも堆肥化可能な天然素材。材質はコーヒーかす、米のもみ殻、海藻類。カトラリーはココナッツの実から削り出したもの。』やってさ!
空の上でもサステイナブルな社会実現に向けた動きが活発化している✈️
従来の機内食のイメージを覆すデザイン。プラスチック廃棄物削減のため、天然素材を原料とする生分解性の素材を用いたところに意味がある。
「手に取る人が喜ぶ」要素に間違いなくサステナブルが入ってきてる。「感じの良いデザイン」だけで勝負出来るのもあとわずかな気配。作る側も、賢くなるか、インスピレーションを与えるために突き抜けるのか。
メンバーに水筒、エコボトルを使う人が多いもんだから、被らないように買うのが至難の業!

週末に絶対ゲットするぞ!

機内食の容器にもプラスチックフリーの波が!
一度の長距離フライトで一人当たり平均約500gのプラスチック廃棄物が出る。

そこで!機内食トレイを堆肥化可能な天然素材に変えようと動き出してる!

材質はコーヒーかす、米のもみ殻、海藻類など。

環境にいいのもだけど、
今のトレイよりめちゃオシャレじゃん!!
なんかオシャレ
ラグジュアリー❗
エコとかあまり興味ないんだけどこれは可愛いしこういうプロダクトに文字入れとかしたいよね。商品も良いけど、機内とか電車で使割れ続けるものに手書き文字とか使われてたら素敵。いや、本音はただ文字描きたいだけなんだけどさ
高そうだけど素敵。

ビジネスクラスで採用されていつの日か見れないかな。(ビジネス乗ったのは人生で一回だけだけど)
エコとかサスティナブルは大事だけどそういうところに持っていくためにカッコよくするというのは大事だと思っている。
コーヒーも米も海藻も産地が遠いけどなぁ。運送とか
グレタちゃん関連で環境系株が上がったという、転んでもタダでは起きない大人達ですが、こういうのが急加速しそうですね
再生可能な自然素材でつくる機内食用「エコ容器」
空の上でもサステイナブルな社会実現に向けた動きが活発化
以上
 

いま話題のニュース

PR